トップへ » 新井矯正歯科の特徴 » 治療の流れ » 治療の流れ

治療の流れ

治療の流れ1. 相談
治療のあらましを説明します。お口の中を見せていただいた上で写真を撮り、パソコンで口腔内を見ながら治療方法、装置、期間、費用などをお話します。患者さまの質問に対しては、たくさんの治療例をもとに分かりやすく説明いたします。

2. 検査-1/写真・歯の型を取る・レントゲン撮影
治療の流れ悪い歯並びの原因を調べ、適切な治療計画を立てるために、精密検査(歯型取り、口や顔の写真撮影、レントゲン撮影、問診、口腔内チェック)を行ないます。

3. 検査-2/顎の確認・問診・口腔内チェック
検査1回目と2回目は2時間以上空ければ同日に行うことも可能です(平日に限る)。

治療の流れ4. 診断/検査の結果の説明
コンピューターによる分析、治療例、治療計画、費用などについて十分時間をお取りして患者さまに分かりやすく説明いたします。
ご希望をお聞きして患者さまに最良の治療方針、計画でオーダーメイドの治療計画をお立てします。矯正治療に対する疑問や不安点も科学的な資料をもとに、分かりやすく、詳しくご説明いたします。
模型の加工が診断後でよろしければ検査終了後、予約が可能であれば診断を約1週間後くらいにすることも可能です。なお検査結果に影響はありません。

治療の流れ5. 治療の準備
PMTC: 歯科医師や歯科衛生士が、機械的な回転器具とフッ素配合の研磨ペーストを用いて歯面のプラークや着色を除去すること。

6. 装置の準備
装置装着の準備をいたします。

治療の流れ7. 装置の装着/装置によっては平日の午前中に来院
ここから歯を動かす治療です。乳歯列(4~5歳)混合歯列(小学校低学年)成長中の永久歯列(小学校高学年~中学生)成長の終わった永久歯列(大人)、それぞれ個々の症状により開始時期は違いますが、ドクターだけでなく、患者さまのがんばりも要求される非常に大切な期間です。

8. 治療/定期的なチェック・口腔内チェック・歯磨き指導
3~4週間に1回来院していただき、装置の調整を行います。
歯科衛生士がお口の中全体のチェックや、むし歯のチェック、装置の状態の確認を行い、必要に応じてみがき方の指導・説明を行います。

治療の流れ9. 装置の撤去/保定装置の装着
落ち着くまで保定装置を使って後戻りしないようにします。

10. 再診断
治療終了後、治療の結果をご説明いたします。

11. 保定
落ち着くまで保定装置を使って後戻りしないようにします。
4~6か月毎に来院(2~3年観察します)
 ・噛み合わせの確認
 ・口腔内のチェック
をおこないます

治療の流れ12. 終了


トップへ » 新井矯正歯科の特徴 » 治療の流れ » 治療の流れ


コールバック予約