トップへ » 新井矯正歯科の特徴 » 治療例 » 永久歯列・成長中(小学校高学年~中学生)の症例

永久歯列・成長中(小学校高学年~中学生)の症例

■骨格性反対咬合
反対咬合は、成長期に改善することによって、上顎の十分な成長を期待することができます。
永久歯列・成長終了の症例
>>詳細を見る

■歯性反対咬合
反対咬合は、成長期に改善することによって、上顎の十分な成長を期待することができます。
永久歯列・成長終了の症例
>>詳細を見る

■骨格性上顎前突症
厳しい出っ歯も、成長中に治療することによって、バランスのよい噛み合わせに治療できます。
永久歯列・成長終了の症例
>>詳細を見る

■歯性上顎前突症
歯の位置を変えるだけで、素敵な口元が作れます。
永久歯列・成長終了の症例
>>詳細を見る

■開咬
ほとんど噛み合っていなかった歯が、しっかり噛み合いました。
永久歯列・成長終了の症例
>>詳細を見る

■叢生・非抜歯
でこぼこしている歯も、成長期であれば歯を抜かずに、バランスのよい咬合を獲得することができます。
永久歯列・成長終了の症例
>>詳細を見る

■叢生・抜歯
成長期でも、デコボコの程度がひどければ、歯を抜かなければ治せないこともあります。
永久歯列・成長終了の症例
>>詳細を見る

■交叉咬合
ズレのある噛み合わせを治すことによって、バランスの良い表情の噛み合わせを獲得できます。
永久歯列・成長終了の症例
>>詳細を見る
 


トップへ » 新井矯正歯科の特徴 » 治療例 » 永久歯列・成長中(小学校高学年~中学生)の症例


コールバック予約