トップへ » 新井矯正歯科の特徴 » 治療例 » 混合歯列(小学校低学年)の症例

混合歯列(小学校低学年)の症例

■骨格性反対咬合
反対咬合の治療においては、上顎の充分な成長を期待できる環境を、早めに作ってあげる必要があります。
永久歯列・成長終了の症例
>>詳細を見る

■歯性反対咬合
歯性の反対咬合であれば、簡単な装置でバランスの良い噛み合わせを作ることができます。
永久歯列・成長終了の症例
>>詳細を見る

■骨格性上顎前突症
骨格性の上顎前突症においての成長を促進させる必要があるときは、乳歯が残っている時期に治療を開始することによって、素敵な顎のバランスを作ることができます。
永久歯列・成長終了の症例
>>詳細を見る

■開咬
混合歯列での開咬の場合、舌癖のトレーニングをすることによって(装置を入れずに)改善することが出来ます。
永久歯列・成長終了の症例
>>詳細を見る

■叢生・非抜歯・乱ぐい歯
早期治療することによって、歯を抜かずに治療した例です。
永久歯列・成長終了の症例
>>詳細を見る

■交叉咬合
噛み合わせによって顎のずれが見られるときには、成長期に早めに治療することによって改善されます。
永久歯列・成長終了の症例
>>詳細を見る
 


トップへ » 新井矯正歯科の特徴 » 治療例 » 混合歯列(小学校低学年)の症例


コールバック予約