2009年4月15日 « トップへ » 2009年4月17日

2009年4月16日

治療の流れ

治療の流れ1. 相談
治療のあらましを説明します。お口の中を見せていただいた上で写真を撮り、パソコンで口腔内を見ながら治療方法、装置、期間、費用などをお話します。患者さまの質問に対しては、たくさんの治療例をもとに分かりやすく説明いたします。

2. 検査-1/写真・歯の型を取る・レントゲン撮影
治療の流れ悪い歯並びの原因を調べ、適切な治療計画を立てるために、精密検査(歯型取り、口や顔の写真撮影、レントゲン撮影、問診、口腔内チェック)を行ないます。

3. 検査-2/顎の確認・問診・口腔内チェック
検査1回目と2回目は2時間以上空ければ同日に行うことも可能です(平日に限る)。

治療の流れ4. 診断/検査の結果の説明
コンピューターによる分析、治療例、治療計画、費用などについて十分時間をお取りして患者さまに分かりやすく説明いたします。
ご希望をお聞きして患者さまに最良の治療方針、計画でオーダーメイドの治療計画をお立てします。矯正治療に対する疑問や不安点も科学的な資料をもとに、分かりやすく、詳しくご説明いたします。
模型の加工が診断後でよろしければ検査終了後、予約が可能であれば診断を約1週間後くらいにすることも可能です。なお検査結果に影響はありません。

治療の流れ5. 治療の準備
PMTC: 歯科医師や歯科衛生士が、機械的な回転器具とフッ素配合の研磨ペーストを用いて歯面のプラークや着色を除去すること。

6. 装置の準備
装置装着の準備をいたします。

治療の流れ7. 装置の装着/装置によっては平日の午前中に来院
ここから歯を動かす治療です。乳歯列(4~5歳)混合歯列(小学校低学年)成長中の永久歯列(小学校高学年~中学生)成長の終わった永久歯列(大人)、それぞれ個々の症状により開始時期は違いますが、ドクターだけでなく、患者さまのがんばりも要求される非常に大切な期間です。

8. 治療/定期的なチェック・口腔内チェック・歯磨き指導
3~4週間に1回来院していただき、装置の調整を行います。
歯科衛生士がお口の中全体のチェックや、むし歯のチェック、装置の状態の確認を行い、必要に応じてみがき方の指導・説明を行います。

治療の流れ9. 装置の撤去/保定装置の装着
落ち着くまで保定装置を使って後戻りしないようにします。

10. 再診断
治療終了後、治療の結果をご説明いたします。

11. 保定
落ち着くまで保定装置を使って後戻りしないようにします。
4~6か月毎に来院(2~3年観察します)
 ・噛み合わせの確認
 ・口腔内のチェック
をおこないます

治療の流れ12. 終了

矯正にも保険が適応できることを知っていますか?

矯正治療は、基本的に健康保険が適用できません。ほとんどの場合「自由診療」になるため、治療費が比較的高額になってしまいます。しかし、国が定めた特定の症状に限り、保険が適応される矯正治療が可能です。

当院は「健康保険適応の矯正治療ができる施設」として、厚生労働省より認定されています(指定自立支援医療機関)。以下の症状が疑われる患者さまは、ぜひ一度ご相談ください。
*24以下は2010年4月以降、新規に適用拡大された先天性疾患です。

<国が定める先天性疾患>
 1.唇顎口蓋裂
 2.ゴールデンハー症候群(鰓弓異常症を含む)
 3.鎖骨・頭蓋骨異形成
 4.クルーゾン症候群
 5.トリーチャーコリンズ症候群
 6.ピエールロバン症候群
 7.ダウン症候群
 8.ラッセルシルバー症候群
 9.ターナー症候群
 10.ベックウィズ・ウィードマン症候群
 11.尖頭合指症
 12.ロンベルグ症候群
 13.先天性ミオパチー
 14.顔面半側肥大症
 15.エリス・ヴァン・クレベルト症候群
 16.軟骨形成不全症
 17.外胚葉異形成症
 18.神経線維腫症
 19.基底細胞母斑症候群
 20.ヌーナン症候群
 21.マルファン症候群
 22.プラダーウィリー症候群
 23.顔面裂
 24.筋ジストロフィー
 25.大理石骨病
 26.色素失調症
 27.口-顔-指症候群
 28.メービウス症候群
 29.カブキ症候群
 30.クリッペル・トレノーネイ・ウェーバー症候群
 31.ウィリアムズ症候群
 32.ビンダー症候群
 33.スティックラー症候群
 34.小舌症
 35.頭蓋骨癒合症
 36.骨形成不全症
 37.口笛顔貌症候群
 38.ルビンスタイン-ティビ症候群
 39.常染色体欠失症候群
 40.ラーセン症候群
 41.濃化異骨症
 42.6歯以上の非症候性部分性無歯症

基本料金

料金は全て税別価格です
項目 イメージ 内容 治療費
初診・相談料 料金表 お口の中を見せていただいた上で写真を撮り、パソコンで口腔内を見ながら矯正治療についての説明をいたします。 3,000円
セカンドオピニオン 他医院で診断を受けられた方
現在他医院で治療中の方
5,000円
相談料 料金表 再度ご相談にいらっしゃったとき 2,000円
基本検査料 料金表 治療についての説明をお聞きになり、矯正治療を始めようという事になったとき、または治療の時期を、お知りになりたいときなどには、レントゲンや歯型など資料をとって、くわしく検査しなければなりません。検査には2度来院していただき、その次の来院時に検査結果をご説明(診断)いたします。当院ではデジタルレントゲンを使用しておりますので放射線の被爆量が少なくて済みます。
追加検査が必要な場合もあります。
30,000円
セットアップ模型を作製する場合 +15,000円
追加検査料 顎機能検査 12,000円
筋力検査 6,000円
診断料 料金表 費用、治療方針、治療期間など、治療に関する細かな事柄がこの時点で分かります。  20,000円
矯正治療
基本料金
乳歯の基本料金 料金表 乳歯のみの子供の方 100,000~150,000円
第1期 料金表 4~5才から小学校低学年ぐらいまでの方(はえかわりの時期にある方)が対象になります。内容は前歯4本の改善とその期間にできる顎関係の改善になります。2回に分割してお支払いいただきます。 280,000~320,000円
前歯ブラケット上下使用の場合 +80,000円
第2期 料金表 小学生高学年くらいから大人の方(永久歯列の時期にある方)が対象になります。内容は永久歯列全体の改善になります。3回に分割してお支払いいただきます。
なお第1段階から引き続き第2段階の治療をお受けになる場合は第2段階の基本料金からすでにお支払いいただいた第1段階の基本料金を引いた金額を、第2段階の基本料金といたします。
600,000~750,000円
ブラケットの追加料金 クリッピーブラケット上下使用の場合 +30,000円
セラミックブラケット上下使の場合 +100,000円
ホワイトワイヤー使用の場合 +50,000円
舌側ブラケット上下使用の場合 +500,000円
処置料 料金表 診断後、来院のつど動的治療(歯を動かす治療)終了時までにお支払いいただきます。
ただし、急患でいらっしゃる場合は必要ありません。
5,000円
上下舌側ブラケット使用の場合 9,000円
上のみ舌側ブラケット使用の場合 7,000円
来院の際毎回装置周りのPMTCを希望する方 +1,000円
保定管理料 料金表 保定装置(リテーナー)代を含みます。 上下の顎: 60,000円
片顎: 30,000円
観察料 料金表 動的治療終了後、4~6ヶ月に1度、来院の際お支払いいただきます。 3,000円
PMTC料 料金表 歯科医師や歯科衛生士が機械的な回転器具とフッ素配合の研磨ペーストを用いて歯面のプラークや着色を除去いたします。 5,000円
歯磨き指導料 料金表 歯磨きの状態の悪い方には、指導をうけていただきます。 2,000円
その他 料金表 患者さまの不注意で装置を壊したり、紛失した時は、修理、再生料をいただきます。  
レントゲン検査料 料金表
  3,000円
(1枚につき)
料金は全て税別価格です

装置の比較表

特長/種類 メタル
ブラケット
セラミック
ブラケット
メタル
クリッピー
セラミック
クリッピー
リンガル(舌側)
ブラケット
インビザ
ライン
画像イメージ メタルブランケット セラミックブランケット メタルクリッピー セラミックブクリッピー リンガル(舌側)ブランケット インビザライン
治療費が
安い
◎ ○ ○ ○ △ △
通院回数が
少ない
○ ○ ◎ ◎ × △
治療期間が
短い
○ ○ ◎ ◎ △ △
装置が
目立たない
× ○ × ○ ◎ ◎
装置取り外し
可能
× × × × × ◎
違和感が
少ない
△ △ △ △ △ ○
痛みが
少ない
△ △ ○ ○ △ ○
金属アレルギー
可能
× ○ × △ × ◎
どの症例にも
可能
◎ ◎ ◎ ◎ ○ △

2009年4月15日 « トップへ » 2009年4月17日


コールバック予約