2009年4月 « トップへ » 2011年12月

2010年3月19日

『矯正歯科相談室』について

院長は東京近郊で開業している矯正歯科専門の先生方と(いずれも経験30年以上)共同で『矯正歯科相談室』というサイトを運営しております。
先生方とは2か月に1回程度集まって研究会を行い、情報交換、症例研究をする、勉強仲間です。

この仲間の先生方から、新井院長へメッセージが届きました!

前田 眞琴 先生

前田 眞琴 先生前田 眞琴 先生
新井先生は、同期の入局ですからずっと診療を拝見してきましたが、治療は上手です。難しい症例をうまく治した例をいくつも見せてもらい、感心したことも度々です。

豊富な経験を持っている上に、治療に関して良く考えておられるので、すばらしい治療結果が生まれるのだと思っています。もちろん日本矯正歯科学会の専門医資格を取得していますし、日本でも指折りの上手なドクターだと思います。
患者さんにも人気があるので、長い治療期間中も楽しく過ごせるのではないでしょうか。

【経歴】
1973年 栄光学園 卒 (21期生)
1979年 国立東京医科歯科大学歯学部 卒業 (学27回)
1979年 国立東京医科歯科大学歯学部 矯正学教室
1981年 国立東京医科歯科大学歯学部矯正科卒後研修課程修了
1988年 診療に従事する傍ら、口腔内の接着に関する研究で歯学博士号
1988年 港南台駅前にて開業
港南区歯科医師会理事、新横浜歯科衛生士学院講師、日本臨床矯正歯科医会理事、
日野南小学校PTA会長などを歴任
日本矯正歯科学会認定医、指導医取得
2005年~ 日本臨床矯正歯科医会神奈川支部長
2006年 日本矯正歯科学会専門医取得
【資格】歯学博士 / 日本矯正歯科学会認定医 指導医 専門医
【所属学会】日本矯正歯科学会 / 顎関節学会 / 顎変形症学会 / 接着歯学会 等
【所属医師会】日本歯科医師会 / 日本臨床矯正歯科医会 / アメリカ矯正歯科医会(AAO)

前田矯正歯科クリニック
http://www.maeda-clinic.or.jp/

今井 裕三 先生

今井 裕三 先生今井 裕三 先生
新井先生を一言で表現するとすれば、「矯正臨床の鬼」あるいは「矯正臨床の虫」というのが適当であろう。先生の「治療に対する、細部まで完璧を追求する姿勢」には、いつも感服させられている。

矯正専門医の研究会においても、その姿勢は変わることがなく、特に先生から厳しい質問が出る時には、つい緊張してしまうほどである。

先生はこれまでに、二度も診療所を移転されているが、これもよりよい治療結果を求める一本気な性格のなせる業といえよう。その結果、現在の理想的な診療所に行き着いたのであり、このホテルのようなオフィスで先生の高度な治療が受けられる患者さんも幸せである。

ただ、先生の今があるのは、歯科衛生士でもある奥様の支えによるところが大きい。衛生士としての業務のみならず、スタッフの教育、初診患者さんのコンサルテーション、会計管理、はたまたホームページの管理など、まさに二人三脚で新井矯正歯科を支えているのである。おかげで、新井先生は医院運営の心配などせずに、治療に専念できるのだ。なんとも羨ましい話である。

【経歴】
国立東京医科歯科大学歯学部卒
国立東京医科歯科大学歯学部 大学院卒(歯科矯正学専攻)
その後、同大学付属病院矯正科、及び関東逓信病院(現NTT東日本関東病院)の歯科矯正部を経て、江戸川区船堀に今井矯正歯科開設。現在に至る。
【資格】日本矯正歯科学会 認定医 / 日本成人矯正歯科学会 認定医 / 歯学博士
【所属団体】日本矯正歯科学会 / 日本臨床矯正歯科医会 / WFO(World Federation of Orthodontists) / 日本口蓋裂学会 / 日本先天異常学会

今井矯正歯科
http://www.imai-orthodontic.com/

2010年3月11日

ようこそ、新井矯正歯科へ

患者さまがリラックスできる医院数ある歯科医院の中から、当院を選んでいただき、ありがとうございます。

私たち新井矯正歯科は1985年月、ここ立川に開院しました。開院して約25年。現在、地元・立川の方はもちろん、遠方からも多くの患者さまが来院される医院へと成長することができました。これからも、キャリアに甘んじることなく、緊張感を持って患者さま一人ひとりと接していくことをお約束いたします。

<当院が選ばれる理由>
●【専門医】の資格を持った院長がいます
●締め付けを減らして、最新装置で、痛みの少ない治療を目指します
●できるだけ歯を抜かないようにします
●治療期間よりも完成度を優先します
●有料カウンセリングにはわけがあります
●学会から認定された施設です
●保険適応の矯正治療を扱っています

全国矯正歯科のわずか1.3%。「専門医」とは?

当院/新井院長は、日本矯正歯科学会(日本で最も権威のある学会)より「専門医」として認定されています。これは極めてハイレベルな資格であり、全国の矯正治療を行っている医師のなかでもわずか約1.3%しかおりません。2010年2月現在、立川では1名のみです。

>>認定医・専門医とは

最新装置で、痛みの少ない治療を目指す

「痛い」「怖そう」という理由で矯正をためらっていませんか?矯正治療は専用器具を使って歯を動かしていく治療方法です。近年、技術や装置の進化により、痛みを大幅に軽減できるようになってきました。

痛みの少ない治療当院ではできるだけ柔らかいワイヤーを使用。少しずつ無理のない力を加えられるので、痛みなどの違和感がほとんど生じません。他にも装置の締め付けを減らすなど、最新技術を駆使しながら穏やかな力で歯を動かしていきます。

痛みが少ないので、患者さまは無理なく矯正を続けていけます。お子さまが嫌がらないので、スムーズに治療を進めることもできるのです。もし、あなたが痛みに不安を感じているなら、ぜひ当院までご相談ください。


できるだけ歯を抜かないように

「矯正治療は抜歯が必要」という声を聞いたことはありませんか?

いくら綺麗な歯並びのためとはいえ、健康な歯を抜くのはいやという方も多いのではないでしょうか。当院では、できるだけ歯を抜かない矯正治療を心がけています。

歯を抜かなくても治せる患者さまに対しては、あえて抜歯矯正をお勧めすることはありません。綿密な治療計画を立て、技術を駆使し、健康な歯を残したまま矯正治療を進めていきます。

とはいえ、患者さまの症状によっては、小臼歯などの抜歯が必要な場合もあります。また抜歯したほうが、治療期間が短縮できたり、治療後の後戻りの心配が減ったりするケースがあるのも、事実です。残念ながら、100%歯を抜かないとは言い切れません。

当院では症状をシッカリ把握し、患者さまが納得できる治療をご提案できるように心がけています。

2010年3月10日

診療日カレンダー


スタッフを募集しています

新井矯正歯科では、プロの矯正歯科医療スタッフになりたい人を、求めています。

仕事の条件は、働く人にとって大変重要なことだという事は、承知しておりますが、条件(給料・就業時間・休日)などが、第一に気になるような人と一緒に仕事をしたいとは、思っておりません。「権利」だけを主張し「義務」を果たさないような人もいりません。

通常の仕事内容や分担を超えて、幅広く協力し合うことができるチーム医療が、大切だと思っております。医院の目的・目標の達成を通して社会へ貢献し、自己成長したい人に来て欲しい思っております。「知識」や「技術」などのスキルは、後で身につければ良い事です。一番大切なことは、仕事や人生に対する「考え方」や「姿勢」です。

何時までも成長し続ける努力をおしまず、あらゆる意味で自分の限界を広げ続けられる人と、プロとしてコミュニケーション能力・感性・技術力の向上に、積極的に自らの目的を具体化・明確化し実行していく事のできる人と一緒に仕事がしたいと思っております。

現在は、歯科医師・歯科衛生士・歯科技工士・歯科助手の求人をしております。詳しくは、お電話でご確認ください。

院長/新井 茂

歯科医師

■雇用形態/社員
■給与/業務内容・研修内容・条件等詳細については、面談にて決定していきます。
■資格/-
■勤務時間/
平日 9:30~13:00 15:00~20:00
土・日 09:00~12:30 14:00~18:30
休診日 火・木・日(第2・第4を除く)

■特記事項/
交通費 全額支給
健保・厚生年金有り
雇用・労災保険有り
制服貸与
年間休日130日
試用期間40日 日給

※下記3つのカテゴリーにて求人をしております。
・矯正歯科認定医として矯正の臨床を行いたい方
・認定医取得の為の基本研修を終了後、認定医取得の為の臨床研修をしたい方
・認定医の資格にとらわれず、矯正歯科の臨床研修をしたい方

歯科衛生士

■雇用形態/社員
■給与/220,000円
■資格/歯科衛生士免許
■勤務時間/
平日 9:30~13:00 15:00~20:00
土・日 09:00~12:30 14:00~18:30
休診日 火・木・日(第2・第4を除く)

■特記事項/
交通費 全額支給
健保・厚生年金有り
雇用・労災保険有り
制服貸与
年間休日130日
試用期間40日 日給

歯科技工士

■雇用形態/社員
■給与/200,000円
■資格/歯科技工士免許
■勤務時間/
平日 9:30~13:00 15:00~20:00
土・日 09:00~12:30 14:00~18:30
休診日 火・木・日(第2・第4を除く)

■特記事項/
交通費 全額支給
健保・厚生年金有り
雇用・労災保険有り
制服貸与
年間休日130日
試用期間 40日 日給

受付

■雇用形態/社員
■給与/190,000円
■資格/-
■勤務時間/
平日 9:30~13:00 15:00~20:00
土・日 09:00~12:30 14:00~18:30
休診日 火・木・日(第2・第4を除く)

■特記事項/
交通費 全額支給
健保・厚生年金有り
雇用・労災保険有り
制服貸与
年間休日130日
試用期間 40日 日給

歯科助手

■雇用形態/社員
■給与/190,000円
■資格/-
■勤務時間/
平日 9:30~13:00 15:00~20:00
土・日 09:00~12:30 14:00~18:30
休診日 火・木・日(第2・第4を除く)

■特記事項/
交通費 全額支給
健保・厚生年金有り
雇用・労災保険有り
制服貸与
年間休日130日
試用期間 40日 日給

2010年3月 9日

乳歯列 反対咬合

早めに治すことによって、上顎の成長が抑えられることを避けることができます。結果としてバランスの良い大人の歯の噛み合わせに移行しやすくなります。
治療例

>>治療例の一覧にもどる

乳歯列 交叉咬合

乳歯列でも奥歯が交叉している場合は、4歳児くらいでも治療を開始することがあります。
治療例

>>治療例の一覧にもどる

骨格性反対咬合

反対咬合の治療においては、上顎の充分な成長を期待できる環境を早めに作ってあげる必要があります。
治療例

>>治療例の一覧にもどる

歯性反対咬合

歯性の反対咬合であれば、簡単な装置でバランスの良い噛み合わせを作ることができます。
治療例

>>治療例の一覧にもどる

骨格性上顎前突症

骨格性の上顎前突症においての成長を促進させる必要があるときは、乳歯が残っている時期に治療を開始することによって、素敵な顎のバランスを作ることができます。
治療例

>>治療例の一覧にもどる

開咬

混合歯列での開咬の場合、舌癖のトレーニングをすることによって(装置を入れずに)改善することが出来ます。
治療例

>>治療例の一覧にもどる

叢生・非抜歯・乱ぐい歯

早期治療することによって、歯を抜かずに治療した例です。
治療例

>>治療例の一覧にもどる

交叉咬合

噛み合わせによって顎のずれが見られるときには、成長期に早めに治療することによって改善されます。
治療例

>>治療例の一覧にもどる

骨格性反対咬合

反対咬合は、成長期に改善することによって、上顎の十分な成長を期待することができます。
治療例

>>治療例の一覧にもどる

歯性反対咬合

反対咬合は、成長期に改善することによって、上顎の十分な成長を期待することができます。
治療例

>>治療例の一覧にもどる

骨格性上顎前突症

厳しい出っ歯も、成長中に治療することによって、バランスのよい噛み合わせに治療できます。
治療例

>>治療例の一覧にもどる

歯性上顎前突症

歯の位置を変えるだけで、素敵な口元が作れます。
治療例

>>治療例の一覧にもどる

開咬

ほとんど噛み合っていなかった歯が、しっかり噛み合いました。
治療例

>>治療例の一覧にもどる

叢生・非抜歯

でこぼこしている歯も、成長期であれば歯を抜かずに、バランスのよい咬合を獲得することができます。
治療例

>>治療例の一覧にもどる

叢生・抜歯

成長期でも、デコボコの程度がひどければ、歯を抜かなければ治せないこともあります。
治療例

>>治療例の一覧にもどる

交叉咬合

ズレのある噛み合わせを治すことによって、バランスの良い表情を獲得できます。
治療例

>>治療例の一覧にもどる

骨格性反対咬合

成人の骨格性の反対咬合も、噛み合わせを治すことによって、バランスの良い口元を獲得することができます。この患者さまは、上顎を裏側の装置で治し、下顎はセラミックの装置を使ってなるべく目立たずに治療しています。
治療例

>>治療例の一覧にもどる

骨格性反対咬合(手術併用)

骨格のずれが大きくなりすぎると、骨を切って治さなければならないこともあります。
治療例

>>治療例の一覧にもどる

骨格性上顎前突症

成人の顎のずれの大きな出っ歯でも、バランスの良い噛み合わせを獲得することが出来ます。
治療例

>>治療例の一覧にもどる

歯性上顎前突症

顎のずれのないケースではより簡潔にバランスの良い噛み合わせを獲得できます。
治療例

>>治療例の一覧にもどる

開咬

成人でも開咬は充分に治療できますが、舌癖がある場合には舌癖の改善も必要になります。
治療例

>>治療例の一覧にもどる

叢生・非抜歯

厳しい成人のデコボコも、適切な診断をすることにより、歯を抜かずに治療することができます。
治療例

>>治療例の一覧にもどる

叢生・抜歯

すでに歯を喪失しているケースでも、適切な診断をすることによってバランスの良い噛み合わせを獲得することができます。
治療例

>>治療例の一覧にもどる

交叉咬合

交叉咬合による顎のずれも、たとえ成人でも改善することができます。
治療例

>>治療例の一覧にもどる

交叉咬合・手術併用

顎のずれが重症になると、顔貌の改善をはかるために手術の併用をしなければならないこともあります。
治療例

>>治療例の一覧にもどる

上下顎前突症

成人でもバランスのよい口元と、すてきな笑顔を取り戻せます。前歯の位置を変えることによって、バランスの良い口元を獲得できました。
治療例

>>治療例の一覧にもどる

矯正治療の時期として大きく分けて4つの時期に分類できます。

ここでは、乳歯列(4~5歳)混合歯列(小学校低学年)永久歯列・成長中(小学校高学年~中学生)永久歯列・成長終了(大人)に分類し、様々なケースを紹介いたします。

乳歯列(4~5歳)の症例
混合歯列(小学校低学年)の症例
永久歯列・成長中(小学校高学年~中学生)の症例
永久歯列・成長終了の症例

 

乳歯列(4~5歳)の症例

■乳歯列 反対咬合
早めに治すことによって、上顎の成長が抑えられることを避けることができます。結果としてバランスの良い大人の歯の噛み合わせに移行しやすくなります。
永久歯列・成長終了の症例
>>詳細を見る

■乳歯列 交叉咬合
乳歯列でも奥歯が交叉している場合は、4歳児くらいでも治療を開始することがあります。
永久歯列・成長終了の症例
>>詳細を見る
 

混合歯列(小学校低学年)の症例

■骨格性反対咬合
反対咬合の治療においては、上顎の充分な成長を期待できる環境を、早めに作ってあげる必要があります。
永久歯列・成長終了の症例
>>詳細を見る

■歯性反対咬合
歯性の反対咬合であれば、簡単な装置でバランスの良い噛み合わせを作ることができます。
永久歯列・成長終了の症例
>>詳細を見る

■骨格性上顎前突症
骨格性の上顎前突症においての成長を促進させる必要があるときは、乳歯が残っている時期に治療を開始することによって、素敵な顎のバランスを作ることができます。
永久歯列・成長終了の症例
>>詳細を見る

■開咬
混合歯列での開咬の場合、舌癖のトレーニングをすることによって(装置を入れずに)改善することが出来ます。
永久歯列・成長終了の症例
>>詳細を見る

■叢生・非抜歯・乱ぐい歯
早期治療することによって、歯を抜かずに治療した例です。
永久歯列・成長終了の症例
>>詳細を見る

■交叉咬合
噛み合わせによって顎のずれが見られるときには、成長期に早めに治療することによって改善されます。
永久歯列・成長終了の症例
>>詳細を見る
 

永久歯列・成長中(小学校高学年~中学生)の症例

■骨格性反対咬合
反対咬合は、成長期に改善することによって、上顎の十分な成長を期待することができます。
永久歯列・成長終了の症例
>>詳細を見る

■歯性反対咬合
反対咬合は、成長期に改善することによって、上顎の十分な成長を期待することができます。
永久歯列・成長終了の症例
>>詳細を見る

■骨格性上顎前突症
厳しい出っ歯も、成長中に治療することによって、バランスのよい噛み合わせに治療できます。
永久歯列・成長終了の症例
>>詳細を見る

■歯性上顎前突症
歯の位置を変えるだけで、素敵な口元が作れます。
永久歯列・成長終了の症例
>>詳細を見る

■開咬
ほとんど噛み合っていなかった歯が、しっかり噛み合いました。
永久歯列・成長終了の症例
>>詳細を見る

■叢生・非抜歯
でこぼこしている歯も、成長期であれば歯を抜かずに、バランスのよい咬合を獲得することができます。
永久歯列・成長終了の症例
>>詳細を見る

■叢生・抜歯
成長期でも、デコボコの程度がひどければ、歯を抜かなければ治せないこともあります。
永久歯列・成長終了の症例
>>詳細を見る

■交叉咬合
ズレのある噛み合わせを治すことによって、バランスの良い表情の噛み合わせを獲得できます。
永久歯列・成長終了の症例
>>詳細を見る
 

永久歯列・成長終了の症例

■骨格性反対咬合
成人の骨格性の反対咬合も、噛み合わせを治すことによってバランスの良い口元を獲得することができます。この患者さまは上顎を裏側の装置で治し、下顎はセラミックの装置を使ってなるべく目立たずに治療しています。
永久歯列・成長終了の症例
>>詳細を見る

■骨格性反対咬合(手術併用)
骨格のずれが大きくなりすぎると、骨を切って治さなければならないこともあります。
永久歯列・成長終了の症例
>>詳細を見る

■骨格性上顎前突症
成人の顎のずれの大きな出っ歯でも、バランスの良い噛み合わせを獲得することが出来ます。
永久歯列・成長終了の症例
>>詳細を見る

■歯性上顎前突症
顎のずれのないケースでは、より簡潔にバランスの良い噛み合わせを獲得できます。
永久歯列・成長終了の症例
>>詳細を見る

■開咬
成人でも開咬は充分に治療できますが、舌癖がある場合には舌癖の改善も必要になります。
永久歯列・成長終了の症例
>>詳細を見る

■叢生・非抜歯
厳しい成人のデコボコも、適切な診断をすることにより歯を抜かずに治療することができます。
永久歯列・成長終了の症例
>>詳細を見る

■叢生・抜歯
すでに歯を喪失しているケースでも、適切な診断をすることによってバランスの良い噛み合わせを獲得することができます。
永久歯列・成長終了の症例
>>詳細を見る

■交叉咬合
交叉咬合による顎のずれも、たとえ成人でも改善することができます。
永久歯列・成長終了の症例
>>詳細を見る

■交叉咬合・手術併用
顎のずれが重症になると、顔貌の改善をはかるために手術の併用をしなければならないこともあります。
永久歯列・成長終了の症例
>>詳細を見る

■上下顎前突症
成人でもバランスのよい口元と、すてきな笑顔を取り戻せます。前歯の位置を変えることによって、バランスの良い口元を獲得できました。
永久歯列・成長終了の症例
>>詳細を見る

院長

スタッフ紹介新井 茂/院長
【経歴】
東京都立 立川高等学校 卒
1979年 国立東京医科歯科大学 卒
1979年~1985年 国立東京医科歯科大学第一矯正学教室 在籍
1985年 当地に新井矯正歯科 開業

2010年3月 8日

患者さまアンケート1

患者さまアンケート1

>>患者さまの声一覧にもどる

患者さまアンケート2

患者さまアンケート2

>>患者さまの声一覧にもどる

患者さまアンケート3

患者さまアンケート3

>>患者さまの声一覧にもどる

患者さまアンケート4

患者さまアンケート4

>>患者さまの声一覧にもどる

患者さまアンケート5

患者さまアンケート5

>>患者さまの声一覧にもどる

患者さまアンケート6

患者さまアンケート6

>>患者さまの声一覧にもどる

患者さまアンケート7

患者さまアンケート10

>>患者さまの声一覧にもどる

患者さまアンケート8

患者さまアンケート8

>>患者さまの声一覧にもどる

患者さまアンケート9

患者さまアンケート9

>>患者さまの声一覧にもどる

患者さまアンケート10

患者さまアンケート10

>>患者さまの声一覧にもどる

患者さまの声1

<M.O 様>患者さまの声6
ありがとうございます。5年近く、長い月日を重ね頑張って通い続けてきました。
日々の治療をしていく中で、歯並びが少しずつ変化していく様子が、歯磨きをしている際にも感じ、心の中での嬉しさも感じました。
治療中は痛みもありましたが、「正しい歯並びになるまでは!!!」と思い頑張りました。
治療の際も、先生や助手の女性の方にも歯磨きへのアドバイスや治療中での接し方も親切な対応をしてくださったので、心より感謝致しております。

歯に対しての関心も、治療したことで関心が強まり、私自身としては、笑顔で表情を作る時に自信を持って歯を見せる事ができるようになれたので、とても嬉しく思います。
ありがとうございました!

患者さまの声2

<S.O 様>患者さまの声2
長い間、本当にお世話になりました。
難しい歯並びだったので、たくさん苦労をかけてしまいました。でも、先生方のおかげで、昔に比べると見違えるほどきれいになって、その手腕には完服です!!!
矯正を通して、この4年間、色々学ばせてもらいました。
最初に新井歯科に来た時、あまりの歯並びの悪さに自分でも絶句。そして親知らずを抜くという今までの私の中では大きな出来事。痛かったり嫌になったり、思えば色々ありました。
しかし歯医者に行くと、私と同じように歯に装置をつけながらも頑張る人、そして何より思考をこらして治療をする先生方がいました。昔はあきらめかけていたこの歯並び、でもあきらめない先生方のおかげでここまでこれました。

"プロフェッショナル"とは、こういう人達のことだなとよく思いました。私も将来は先生方のようにキビキビ働く大人になりたいです。そんなことも学びました。

何より、食べること、笑うことが楽になってうれしいです。また何かと御迷惑をおかけすると思いますが、宜しくお願いします。

患者さまの声3

<T.M 様>患者さまの声3
普通の歯並びになった!!
やっぱり装置の有無は結構、自身の印象に影響すると思う。
はずれてすっきりしました。うれしい。
とりあえず一人でケーキ食べました。

患者さまの声4

<S.S 様>患者さまの声6
以前と違い、鏡で自分の歯を見た時思わず「えっ、これ、自分の歯?」とつぶやいてしまうほど歯並びがよくなったので、びっくりしました。矯正でここまで変わるんだと思いました。
また、装置が外れたことにより、外見がスッキリとして、快感を味わいました。
ここまできれいになったことにより、歯を大事にしようという気持ちが以前より強くなり、やる気がでてきました。ここまでしてくれた新井矯正歯科の方々には本当に感謝します。ありがとうございました。

患者さまの声5

<S.T 様>患者さまの声6
新井先生、スタッフの皆さん、ありがとうございました。
歯並びでこんなにも印象が変わるとは思いませんでした。
矯正前は歯を見せないように笑ったり、写真も口を閉じて写るようにしたり大変でしたが、矯正取れた今は、思いっきり歯を見せて笑いたいと思いました。歯ってすごいですね!
未来が明るくなりました。本当にありがとうございました。

学会から認定された施設です

当院は日本矯正歯科学会より「臨床研修機関」に認定されています。

臨床研修機関とは、大学卒業後2年間の研修をうけた歯科医師が、矯正歯科の認定医や専門医になるための臨床研修をおこなう施設のことです。この認定を受けるには、高度な設備と高い技術を持った歯科医師がいることが原則です。

患者さまの声6

<A.T 様>患者さまの声6
矯正に通い始めた頃は、自分の噛み合わせが悪いことすら実感していませんでした。治療が進み、反対咬合であった歯並びが治っていくに従って、正しい噛み合わせはこうも食事がしやすいのか!と実感し感動しました。
まただんだんと歯並びがきれになっていくと完成が待ち遠しくてたまりませんでした。
大変ではありましたが、矯正をやってよかったと思います。先生本当にお世話になりました。ありがとうございます。


患者さまの声7

<M.N 様>患者さまの声3
前歯がでていること、そのために口を閉じにくかったことがずっと悩みでした。矯正を始めるときは、本当に出っ歯がひっこむかや口を閉じやすくなるかに少し不安があったのですが、今回矯正をしたおかげでこれらの問題が改善されました。

患者さまの声8

<N.U 様>患者さまの声8
きれいにしていただき、ありがとうございました!!
いつも笑顔でいようと思います。


患者さまの声9

<A.K 様>患者さまの声9
とってもキレイな歯並びを手に入れることができました。先生スタッフの皆様ありがとうございました。
2年間はあっという間でした。病院がかわったりと色々ありましたが無事にこの日を迎えられて嬉しいです。
明日からはこのキレイな歯並びを維持するために一生懸命お手入れをしたいと思います。
矯正をあきらめなくて、本当によかったです。

患者さまの声10

<S.K 様>患者さまの声10
歯ならびが前とくらべてとてもキレイになってよかったです。ありがとうございます。


2010年3月 7日

子どもの矯正はいつから始めたらいいの?

一般的に矯正治療は永久歯が生えそろってから始めると考えられがちですが、決してそうではありません。

わるい噛み合わせは乳歯の時期にも、乳歯から永久歯に生えかわる時期にも起きます。また、タイミングよく治療しておけば、後に長期的な矯正治療をせずに済むケースがあるのです。

効果的な矯正治療を行うために、また将来治療しなければならなくなる状況を未然に防ぐためにも、お子さまの歯並びへの疑問は、早い時期に一度ご相談ください。

●未就学児の受け口なら簡単な装置で治せる場合があります
>>ムーシールド

小学校低学年で一度は矯正医の診察を受けましょう

治療に最適な時期は症状によって異なりますが、不正咬合に気づいたら、専門医と相談し、矯正治療を検討することをオススメします。

多くの不正咬合(悪い噛み合わせ)は、永久前歯の生え揃った小学校低学年の時期に症状が目立ってきます。早期に治療した方がよいのか、もうしばらく待ってもよいのかを、この時期に判断することで、効果的な治療ができます。

<早期治療のメリット>
●成長発育を利用した治療ができる→その後、少ない歯の移動で症状を改善できる
●治療後の安定が得やすい
●治療法の選択肢が多い
●抜歯の可能性を減らせる
●治療費が安く済む場合がある

とはいえ、治療が長期に及び、本人や家族の負担が大きくなる可能性もあります。塾や部活動で忙しいお子さまもいるため、矯正治療をする余裕がなければ、受験などが終わってからでも仕方ないでしょう。早期治療に比べて治療方法は異なる場合もありますが、症状の改善は十分可能です。

矯正治療中の注意点

指示した通り、お食事の注意やゴムをつけたり、歯みがきをするように、お子さまに協力をすすめてくださるようお願いいたします。

お約束した診療日とお時間はお守りください。病気や学校の都合で来院できないときは、早めにお電話してくだされば対応いたします。

矯正治療はどのような人に必要なのでしょうか?

矯正治療は、歯並びが悪い事によって起きる様々な問題を解決するために、必要なものです。

歯並びの悪い人、と言っても色々な人がいます。出歯、受け口、乱ぐい歯、前歯が咬み合っていない、歯と歯の間があいている、また、これらの症状がいくつか組み合わさっている人、と言った具合です。これらの症状により、どんな問題が起きるのでしょうか?

例えば、乱ぐい歯の人は、むし歯や歯周病になりやすいと言った事があげられます。歯が重なっているので、歯みがきがうまくできない事が原因です。歯みがきがうまくできないと、歯槽膿漏にもなりやすいのです。また、むし歯の治療で、銀をつめたりかぶせたりする時も、歯が重なっていたりすると、なかなかきれいにできません。これが原因となって、再び、その歯がむし歯になる事もあるのです。

噛み合わせの問題もあります。歯がうまく咬んでいないと、顎に余計な負担がかかり、顎関節症になる事があります。これは、物を咬む時に、顎の関節が痛んだり、口があけにくいというものです。

咬むという動作は、1日に何千回と行うものです。これを考えていただければ、噛み合わせが悪いという事で、どれだけ顎に負担がかかるか、わかっていただけるのではないでしょうか。

また、出歯の人は、転んだりぶつけたりした時に、前歯を折りやすい、口元をケガしやすいという事もありますし、前歯が咬んでいない人は舌が出やすく、そのため、症状を悪化させてしまうという問題もあります。

舌が出やすく、舌で歯を押すくせのある人は、舌の訓練を受けて、舌の悪いくせをなおさなくてはいけません。そのままにしておきますと、歯並びがせっかくきれいになっても、時間がたつうちに、もとにもどってしまうのです。その他、歯並びは発音にも影響します。前歯の間があいていると、Sの音がうまくできなかったり、ひどい出歯、受け口ですとp.b.mの音がうまくできなかったりします。

また、外見的な問題もあります。歯並びが美しくなる事によって、顔の印象は大きく変わります。これにより心理的な劣等感がなくなり、自信が持てるようになると言う事がいえるでしょう。

また、骨格に問題がある場合は、成長をコントロールできる時期に治療をする事が必要になります。成長期に骨格の成長を正しくコントロールする事により、より理想的な噛み合わせを得る事ができます。成長期を過ぎてしまった成人の方の場合は、まれですが骨を切るといった、外科的処置が必要となる事もあります。

正しい噛み合わせとは?

上下の歯並びに凸凹がなくて上下の全ての歯があたかも歯車が噛み合うようにきちっと噛み合い、前歯できちっと食べ物を噛みきることができて、奥歯は食べ物を細かくすりつぶすことができる噛み合わせを正しい噛み合わせといいます。

噛み合わせが悪い状態とは?

噛み合わせが悪い状態を「不正咬合(ふせいこうごう)」といいます。不正咬合には乱杭歯(らんくいば)や八重歯などの叢生(そうせい)、俗に出歯といわれている上顎前突(じょうがくぜんとつ)や受け口といわれている下顎前突(かがくぜんとつ)、奥歯はかみ合っているのに前歯がかみ合わない開咬(かいこう)、前歯が深くかみ合いすぎてしまう過蓋咬合(かがいこうごう)と、これらの複合型があります。

噛み合わせが悪い状態とは病気なのですか?

噛み合わせが悪い状態(不正咬合)とは病気ではなく、「不健康」な状態にあることを意味します。人生80年時代、日本歯科医師会では厚生労働省と共に「80才になっても20本の歯を残して生涯を通じて自分の歯で食事をとっていただき、よりよい人生を送っていただく(8020運動)」ことを目標に社会的な活動を行っております。この目標達成のためには、噛み合わせが健康な状態―つまり正しい噛み合わせであることが必要です。

悪い噛み合わせを放っておくと、どうなりますか?

悪い噛み合わせとは、噛み合わせが不健康な状態にあることを意味します。噛み合わせを不健康な状態で放っておくと、むし歯、歯周病、顎関節症や顎機能異常などを起こしやすくなります。

さらに、消化器官の第1段階として食物をかみ砕き、唾液中の消化酵素アミラーゼ(デンプン分解酵素)と食物をよく混ぜ合わせる機能が十分に発揮されないため、胃から後の消化器官に余分な負担をかけることとなります。場合によっては顎の正常な成長発育を障害したり、顎の形を歪めてしまうこともあります。あるいは、「サ行」や「タ行」などの発音が不明瞭になることもあります。

矯正治療はなぜ必要なのですか?

良い噛み合わせは、口の中を健康に保つために必要な条件のひとつです。悪い噛み合わせ(不正咬合)を良い噛み合わせにするために矯正歯科治療が必要なのです。良い噛み合わせを獲得してむし歯や歯周炎、顎機能異常などの疾患の発現を予防していきましょう。

なぜ歯は動くのですか?

歯とその周囲の歯槽骨(しそうこつ)との間には、繊維に富んだ歯根膜(しこんまく)という組織があります。動かしたい歯に矯正装置で適度な力を加え、この歯根膜を圧迫すると、そこに骨を吸収する細胞が現れます。反対側の引っ張られる歯根膜には、骨を作るもとになる細胞ができます。そうして歯はゆっくりと動きだすのです。これは歯が、骨の中を通って自然に生えてくるときに起こっている変化と同じメカニズムです。矯正治療は、矯正技術で加える力の大きさや方向を正確に計算し、歯を無理なく自然の場所へ動かすのです。

不正咬合の予防ってあるのですか?

不正咬合の原因は、先天的なものと後天的なものに分けられます。

先天的な原因は親から譲り受けるもので、鼻が高いとか丸いとか、目が大きいとか細いとかと同じように、歯の大きさ、数、形、顎の大きさ、形が似てきます。これは残念ながら予防できません。

後天的な原因としては、指しゃぶり、口呼吸、片側だけで咬む癖、乳歯のむし歯があげられます。これらを原因とする不正咬合は予防ができます。指しゃぶりは1,2歳までは生理的なものですが、それ以降はやめるよう方向付けてあげてください。

口を閉じて、鼻で息をする、両方で咬む...など、お母さまがちょっとした注意をしてあげるだけで、予防できる場合もあります。予防できる不正咬合であるか否かは、矯正歯科を専門とする医師の判断に委ねたほうが良いと思います。

歯並びは遺伝しますか?

ある種の不正咬合は遺伝的要因によって形成されることがあります。例えば、歯の大きさと歯を並べる骨の大きさの不調和が遺伝すると、親子そろって歯並びが凸凹になったりすることがあります。また、上顎の骨と下顎の骨の大きさや形の不調和が遺伝すると、親子そろって骨格的な出歯の顔立ちになったり、あるいは骨格的な受け口の顔立ちになったりすることがあります。

矯正と審美歯科は違うのですか?

矯正歯科は、悪い歯並びや噛み合わせを、歯を削ることなく歯を動かすことによってきれいな歯並びと機能的な噛み合わせにする歯科治療です。

一方、審美歯科においては、歯を動かすことは治療の一手段です。他の手段としては、歯を削って人工物を歯にかぶせるなどの治療などの治療法があります。

矯正専門の歯科医院と普通の医院とでは何が違うのですか?

矯正歯科専門の歯科医院では、歯科大学卒業後に最低でも2~3年間矯正歯科治療を専門に研修した医師が治療を行っています。

このような医師は実際に治療した患者さまの数が多いために様々な問題に対応することができます。さらに歯科衛生士や歯科助手などのスタッフも矯正歯科治療専門に従事しているため、矯正歯科治療に関して適切なアドバイスを行うことができます。

以上のように矯正歯科専門の歯科医院では、矯正歯科治療に関して非常にきめ細やかな医療サービスを提供することができます。

矯正治療を開始するのに適した時期はあるのですか?

矯正治療を開始するのに適した時期はあります。

ただし、不正咬合の原因が何であるかによって矯正治療の開始時期は異なります。例えば、上顎・下顎の骨の形や大きさの不調和が不正咬合の原因である場合や不適切な位置にある歯のために顎の成長が阻害されたり、あるいは顎が曲がって成長してしまいそうな場合には、低年齢から矯正治療を開始することがあります。

場合によっては就学前に矯正治療を開始することもあります。アメリカ矯正歯科学会では「7歳までに歯並びと噛み合わせのチェックを!」と呼びかけています。お子さまの噛み合わせについて不安を感じたらお気軽にご相談ください。

矯正治療の開始時期は歯画全部生えそろってきてからがよいですか?

過日こんなことがありました。「この子(13才)の受け口がずっと気になっていたのですが、ちまたの噂では子供の歯が全部生え替わってから矯正治療を始めるのが良いと言われているので、子供の歯が生え替わるのを待っていました。
子供の歯が全部抜けたので診ていただけませんか。」と、お母さんと子供さんが来院されました。

拝見すると子供さんの上顎の骨と下顎の骨の大きさの不調和が受け口の原因であることが診てとれました。そこで、お母さんには「子供の歯が全部生え替わってから矯正治療を始めるのが良いという噂は、適切ではありません。受け口の場合は、より治療が難しい受け口とならないために、遅くとも前歯が永久歯に生え替わった時に受け口であれば矯正歯科を専門とする医師に診ていただいたほうが良いですね。」と、お話しいたしました。

これは受け口を例にしたお話ですが、出歯、開咬、凸凹の噛み合わせについても、大人の歯が全部生えそろう前に矯正治療を開始したほうがより効果的な治療が行える場合があります。その判断には矯正治療に関する臨床経験がものをいいます。お父さん、お母さんが子供さんの歯並びや噛み合わせが気になり出したらお気軽にご相談ください。

成人矯正の対象といわれる適齢期はあるのですか?

適齢期は特にありません。ただし、成人の矯正治療の場合、不正咬合の他に歯周病や歯の欠損など複合的な問題を抱えていることがあるために、矯正歯科を専門とする医師と他科の医師(多くの場合はかかりつけの歯科医師)と協力して、患者さまにとって最善と思われる包括的な歯科治療を行います。

50代でも矯正治療ができると聞きましたが・・・

歯を動かすうえで歯肉や歯槽骨(しそうこつ=歯を支える骨)などに問題がなければ50才代でも矯正治療は可能です。このような年齢でおこなう矯正治療の多くは、補綴治療(ほてつちりょう=ブリッジや入れ歯によって噛み合わせを回復する治療)を行いやすくすることを目的とした矯正治療です。

一方このようなお話もあります。ご自分のお母さまを介護していらっしゃる50才代の女性が「私が介護を受ける立場になったとき、このような凸凹の歯並びでは介護してくださる方に歯を磨いていただく時に失礼に当たります」といわれて矯正治療を希望されてこられました。

人生の質を問うことの重要性を教えられたエピソードです。

自分の歯並びが正常化どうか相談や検査だけでもできますか?

はい、もちろんできます。ぜひ一度ご相談にいらして下さい。相談するときに矯正治療をするかどうか決める必要は全くありません。まず、抱えている不安や疑問を解決することを優先してください。

矯正治療に向かない場合があるのでしょうか。

あります。
それは、保護者の方が矯正治療を望んでも患者さまたるお子さまが矯正治療を拒絶された場合、あるいはむし歯になるリスクが異常に高い患者さまの場合などは一般的に矯正治療には向きません。

矯正治療は、歯を抜かなければならないのでしょうか?

そんなことはありません。

歯を抜く場合と抜かない場合があります。矯正歯科を専門とする医師は、まず歯を抜かないで矯正治療が可能である否か検討し、歯を抜かないで矯正治療が可能であると判断した場合には、歯を抜かずに矯正治療を行います。しかし、歯を抜いた方が抜かずに治療する場合よりも治療成績が良いと判断された場合には、抜歯をします。歯の数が多いよりも、少なくても良好な状態である方が、80歳90歳まで歯の健康を守っていけると判断される場合には、抜歯をお勧めします。

むし歯があるのですが、矯正治療は受けられるのでしょうか

矯正治療前の検査、診断において、矯正歯科医は、治療前に治しておくべきむし歯、治療中の方が治しやすいむし歯、治療後、新しい噛み合わせに合った詰め物に再製した方が良い部分などの判断をします。むし歯の程度によって、抜歯部位を考慮する場合もありますが、まずはご相談ください。

顎の関節が痛むことがあるのですが・・・

基本的に矯正治療は可能ですし、矯正治療を必要とする場合が多いと考えられます。まずご相談ください。顎の関節を診察し、必要に応じて治療を行います。

ただし、顎の関節がひどく痛んだりあるいは顎の関節の不具合で口が開かないような場合には、矯正治療を始める前に顎の関節を専門とする口腔外科の医師をご紹介する場合もあります。そのような場合には顎の関節の状態が改善された後に、矯正治療を開始します。

妊娠しているのですが、矯正治療は受けられますか?

妊娠の経過そのものに問題がなければ矯正治療を受けることは可能です。でも、もしあなたが妊娠中に矯正治療を始めようとお考えでしたら、出産後体調が落ち着いてから矯正治療を開始することをお勧めします。矯正治療中に妊娠されても、心配はありません。

金属アレルギーなのですが、矯正治療は受けられますか?

金属アレルギーの患者さまの矯正治療のために生体親和性の高い材料が開発されています。例えば、生体親和性の高いチタンを主成分とする装置などです。金属アレルギーのある方の矯正治療への道は開かれています。お気軽にご相談ください。

子供が矯正をするのを嫌がっているのですが・・・

原則として、嫌がるお子さまに対して矯正治療を行うことはできません。

しかし、お子さまの不正咬合についてお子さま本人が、不正咬合の程度、矯正治療開始時期、使用される可能性のある矯正装置などについて正しい情報を得るために、矯正歯科を専門とする医師に相談することをお勧めします。相談の結果、医師の話を聞いて積極的に矯正治療を開始するお子さまもいます。お子さまと矯正治療について直接話し合うことが最も重要だと思います。

矯正治療は受験勉強の妨げにはならないでしょうか

毎年多くの患者さまが矯正治療をしながら、中学・高校・大学受験にチャレンジしています。矯正歯科を専門とする医師よりお子さまの不正咬合について、お子さま本人並びに保護者の方が、不正咬合の程度、矯正治療開始時期、使用される可能性のある矯正装置などについて正しい情報を得たうえで、それぞれのお子さまの受験勉強の中で矯正治療をどのように捕らえるか結論を出すことが必要だと思います。まずは、ご相談ください。

歯を抜くことがあるって本当ですか?

顎の大きさに対して、歯の方が大きすぎて歯が重なり合って生えている様な場合に、健康な永久歯を抜く事があります。例えば、7人掛けの長椅子に太った7人の人が座ろうとしても、きゅうくつできちんと座れません。しかし、1人が席を立てば、あとの人達はゆったりと正しく座る事ができます。これと同じ事が歯並びについても言える訳です。また、上下の顎のバランスが悪い時などにも歯を抜く事があります。
しかし、抜く抜かないいずれの場合も、治療を始める前にくわしく検査をして、治療をする上で抜歯する必要があるかどうかを見きわめます。通常抜歯する歯として多いのは、第1小臼歯といって、前からかぞえて4番目の、犬歯(糸切り歯)の1つ後ろの歯です。抜歯のあとは、そのすき間を利用して歯を動かし、治療終了時にはすっかり閉じてしまいます。

矯正治療に痛みはありますか?

個人差はありますが、矯正装置を装着して、通常はじめの3~4日間は、食べ物を強く咬めない位の痛みがあります。ただ、むし歯の痛みとは違って、歯が浮いたような感じのにぶい痛みですので、いつも通りの生活をして、あまり神経質にならない方が良いでしょう。痛みは、初めて装置をつけた時が最も強く、その後も3~4週間ごとの来院の時に装置の調整をした後に、2~3日位は痛みがでるでしょう。また歯の痛みの他に、装置を装着する事によって、くちびるやほほの内側や、舌がすれて痛くなる事があります。これは、1週間もすると、だんだん慣れて気にならなくなってきます。

むし歯にならないのでしょか?

矯正装置をつけていない人でも、歯の磨き方が悪いとむし歯になってしまいます。
たしかに装置をつけると何もつけていない状態より、汚れはつきやすくなります。

そのため患者さま自身のふだんの歯みがきがとても大切になります。磨く方法は、それぞれの装置によって、多少違いはありますが、歯ブラシを歯のすみずみに届くように、1本1本ていねいに当て、こまかく振動させるように動かします。完全に汚れを落とすためには、少なくても10分位は磨く必要があります。当医院では、検査時および装置装着時にくわしく指導を行ない、また来院のたびにきちんと磨けているかどうかをチェックしていきます。しかし、歯磨きは毎日の生活の中で正しく行なわれていなければなりませんので、特に低年齢の患者さまはご家族の方の協力がとても大切です。そして、指示された通りにきちんと歯磨きのできる人は、矯正装置によって、むし歯になってしまうという事はありません。ただし、装置が脱離したり壊れた場合、そのままの状態で装置を放っておくとむし歯になる事があります。

治療したあと、また歯並びが悪くならないでしょうか?

矯正装置をつけて、少しずつ歯を動かして歯並びがきれいになったところで、装置は、はずします。

しかし、はずしたあと、そのまま放っておくと、後もどりと言って、また少しずつ歯並びが悪くなっていきます。そのため、歯並びが安定するまでの間、リテーナー(保定装置)と言って、簡単に取りはずしのできるプラスチックとワイヤーでできた、歯の無い入れ歯のような装置を使わなければなりません。最初の1年位は1日中、そのあと少しずつ時間を減らしていって、全体で2年~3年半くらいは使用します。食事中や歯磨きをする時は、はずす事ができます。

学校を休まないで治療を受けられますか?

新しく装置を装着する時と装置をはずす時には、だいたい1時間~2時間を必要とします。そのため、放課後の時間や日曜日といった、皆さんにとって都合のいい時間には患者さまが多く来院されますので、十分な時間がとれません。ですから、治療に長く時間のかかる時は、平日の午前中などに来院していただく事あります。処置の内容によっては、2回に分けて、対応する事も可能です。

大人でも矯正治療はできるのでしょうか?

大人の方でも、歯のまわりの組織が健康な方なら、年令に関係なく矯正はできます。ただし、子供の場合の治療とは違い、顎の成長をコントロールする時期をすでに過ぎてしまっていますので、骨格に異常のある方は、手術をして骨を切らなければならない事もあります。また、子供にくらべると、歯の動きが遅いので、治療期間が多少長くかかる事があります。

矯正装置をつけてスポーツや楽器の演奏はできますか?

基本的には可能です。ただし、激しい格闘技や一部の木管楽器・金管楽器などは不正咬合の治療に妨げとなる場合があります。具体的なことについては、ご相談ください。

どれくらいの間隔で通院が必要ですか?

矯正装置を用いて顎の成長をコントロールしたり歯を動かしている場合などは、約3~4週間に一度の間隔で通院していただきます。また、治療開始までの観察や歯の移動を終了した後にリテーナーを使用する保定的治療などの場合は数ヶ月に一度の間隔で通院していただきます。

矯正中に引越しなどの必要が出てきたらどうなりますか?

矯正歯科医会では、全国500名以上の矯正歯科を専門とする歯科医師がネットワークを作って、引っ越しに伴って転医が必要となった患者さまの矯正治療がスムーズに引き継がれるよう連携しています。引っ越しが決まりましたら早めにお知らせください。お引っ越し先に最も近くて信頼できる矯正歯科医会のメンバーの歯科医師をご紹介いたします。引継先の歯科医師との連絡、治療方針の説明は主治医が行います。転医に際して、お支払いいただいた治療費はそれまでの治療の進行状況に応じて精算いたします。また、海外に引っ越しされる患者さまついては、欧米を中心に世界的規模で広がるOrthodontic Directory of theWorldを通じて引継ぎの歯科医師をご紹介いたします。

治療費の分割払いは可能なのですか?

当院では、分割払いが可能です。お気軽にご相談ください。

初診料はいくらですか?

初診料は3,000円(税別)です。

歯磨きは面倒ですか?

はっきり言って面倒です。なぜならば矯正歯科治療中は、口の中に装置が入っているために食べ物が引っかかりやすくなったり汚れがたまりやすくなるからです。

歯磨きにはより時間をかけて丁寧に歯磨きをしていただく必要があります。ただ矯正歯科治療を終了した患者さまや保護者の方に矯正歯科治療をして良かったことを尋ねたところ「口の中をよく観察して歯磨きをきちっとする習慣が身についた。」という答えが上位を占めました。

プラス思考で矯正歯科治療に取り組まれることをお勧めします。

装置が外れることはないのですか?

矯正装置を着ける時には必ず装置に関する説明並びに注意事項の説明をいたします。注意事項をきちっと守っていただければ矯正装置がはずれることはありませんが、装置をはずす際に歯にダメージを与えない程度の強さで接着していますので、取れる場合もあります。もし、矯正装置がはずれてしまったらできるだけ早く連絡をして来院ください。

矯正装置をつけて食べられないものはありますか?

固い食べ物(厚焼き煎餅、氷の固まり、ピーナッツ、フランスパンなど)や粘着性の高い食べ物(チューイングガム、キャラメルなど)は矯正装置を破損しやすい食べ物です。

矯正歯科治療を円滑に進めるために、それらの食べ物を控えていただく必要があります。また、丸かじり(りんごなど)や肉の固まりを食いちぎる(フライドチキンなど)の食べ方はやはり矯正装置の破損の原因となりますので、できるだけ控えていただく必要のある場合があります。

2010年3月 6日

治療中にむし歯がみつかったらどうするのですか?

むし歯の治療を優先して行います。場合によっては、矯正歯科治療を一時中断してもむし歯の治療を優先して行います。

マルチブラケットによる矯正は痛みますか?

歯の移動をするためにワイヤーを歯に装着して力を加えると、すぐに歯が引っ張られたような感じがします。多くの場合、引っ張られるような感じは5~6時間程すると痛みに変わってきます。

この痛みは、物を食べるときに歯があたるときに痛む程度から何もしなくても痛む程度まで様々です。この痛みは数日間続きます。多くの患者さまは最初にワイヤーを装着した時が最も痛みを強く感じ、治療が進につれてワイヤーを装着してもだんだん痛みを感じなくなる傾向を示します。

痛みの程度には個人差がありますし、また、治療に前向きかどうかでもずいぶん感じ方が変わってきます。もし、いやいや始めたとすれば痛みは倍に感じるかもしれません。矯正歯科治療に伴う痛みは、小学生のお子さまでも耐えられる程度の痛みです。ご安心ください。

装置を付けることに抵抗があるのですが?

審美性を考慮したブラケットセラミックや、歯の裏側にブラケットを装着して治療を行うシステムなどがあります。

約30年。延べ約4320症例以上の治療を成功させてきました

院長あいさつ・経歴
矯正治療に携わって、約30年。延べ約4320症例以上の矯正治療を行ってきました。これだけ長く治療を行っていると、ちょっぴり大げさかも知れませんが、見たことのない症状というのがほとんどないわけです。どんな歯の並びも、過去に成功させてきたという実例がある。この実績が、他の矯正の先生にない強みだと自負しています。

また、矯正医の資格として、非常に難易度の高い「専門医」として日本矯正学会からも、認定されています。専門医は現在、全国の矯正医のなかでも約1.3%しかおりません。ちなみに立川では、わたし一人のみ。非常に難易度の高い資格であると理解していただけると思います。

オールラウンドプレイヤーになるつもりが、いつの間にか矯正へ

院長あいさつ・経歴矯正を選んだきっかけは、オールラウンドプレイヤーになりたかったから。むし歯も治療できて、歯周病も治療できて、入れ歯も作れて、矯正もできて......そんなスーパードクターになりたかったんです(笑)。でも、日本の歯科大学では、矯正治療だけは学べないんですね。そこで大学卒業後、それまで手を出せなかった矯正治療をということで、大学の矯正学教室にて学びました。

実際に矯正の研究をしてみて感じたことは、矯正は本当に"おもしろい"治療だということ。歯科矯正は、人間に備わった力を利用し、元の状態よりも、さらに健康に、より美しくすることができる治療です。1/100mm単位で歯の動きを意識し、噛み合わせを作っていく。治療の内容も、他の治療に比べて非常にダイナミックだと感じましたね。

ですから、気づいたときには、歯科矯正の世界にどっぷり漬かってしまっていた(笑)。そこから、矯正医としてのキャリアをスタートさせました。

「先生を、他のお母さんに紹介したくない」

院長あいさつ・経歴今までで一番うれしかったことですか?そうですね、あるお子さまの矯正治療を担当したときのことですかね。その子の歯が綺麗に並び、治療が終わったとき、その子のお母さまに「先生を、他のお母さんには教えたくない」といわれたんです。一瞬、「ぎょっ」としたのを覚えています。

このお母さまは実は元私の患者さまで、お子さまも私にお願いしたいと通って頂いていたのですが、真意を伺うと「もし先生を他のお母さんにも紹介したら、どんどん歯並びのいい子が増える。そうなると、うちの子の魅力が埋もれてしまう」とのこと(笑)。歯科医師としての腕をちゃんと評価されているという実感が湧いてきて、何とも感慨深い気持ちになりましたね。本当は、いろいろな人に紹介していただきたいんですが(笑)。

そうそう、最近、むかし当院で歯並びを治療した子がお母さんになって、またそのお子さまを連れて相談に来るケースが増えていますね。これも、患者さま一人ひとりと向き合った結果が、リピーターにつながったのではないかと思っています。

プロフィール

院長 新井 茂(あらい しげる)

現在、3人の娘の父でもあります。ずっと大事にしてきたのは家族と過ごす時間です。子供の学校行事には、皆勤賞になるほど参加しています。また、毎年家族で、夏は海、冬は山に出かけております。こうやってカラダを動かすことで、仕事で必要な体力を養っていますね。

【略歴】
東京都立 立川高等学校 卒
1979年 国立東京医科歯科大学 卒
1979年~1985年 国立東京医科歯科大学第一矯正学教室 在籍
1985年 当地に新井矯正歯科 開業

【資格】
日本矯正歯科学会専門医
日本矯正歯科学会認定医

【所属学会】
日本矯正歯科学会
東京矯正歯科学会
日本臨床矯正歯科医会
日本顎変形症学会
日本口蓋裂学会
口腔病学会

【提携病院】
国立東京医科歯科大学歯学部付属病院
立川共済病院歯科口腔外科
日野市立病院歯科口腔外科
東京都立多摩医療センター

外観

院内設備新井矯正歯科は、立川ワシントンホテルの2階にあります。
待合室では、患者さまや付き添いの方が待ち時間をゆったりと過ごせるように、ヒーリング系の映像や音楽を流しております。

受付

院内設備ご予約の相談はもちろん、治療中の疑問・質問なども承っております。どうぞお気軽にお尋ねください。また、歯ブラシやホームジェルなどのデンタルグッズを販売しております。むし歯予防に役立ててください。

洗面スペースとパウダールーム

院内設備013
治療前や治療後の歯みがき、お化粧直しなどにお使い頂ける洗面スペースです。
いつでも気持ち良くご利用いただくため、清潔な状態を保つように心がけております。


院内設備005
また、ワシントンホテルのパウダールームをお使いいただけます。ぜひお気軽にご利用ください。

カウンセリングルーム

院内設備治療の説明はもちろん、患者さまの疑問や不安を院長が直接お聞きします。もちろん、プライバシーにもシッカリ配慮。どんな些細なことでも構いません。どうぞお気軽にご相談ください。

院内治療スペース

院内設備003白を基調とした、スタイリッシュなユニットをご用意しています。ガラスのパーテーションを設置し、プライバシーも考慮した治療空間です。

ユニット

院内設備002
PCを完備し、デジタルレントゲンや写真の内容を確認しながら診療いたします。治療の流れや進捗状況を分かりやすくお伝えできます。

2010年3月 5日

日本矯正歯科学会専門医の更新試験に合格しました

当院の院長は、2006年「日本矯正歯科学会専門医」の申請試験に合格しております。

専門医の有効期限は5年間と定められているため、2016年までに2度目の更新試験に合格する必要があります。

2014年の更新試験が10/20行われ、10/21付けで合格致しました。
この度の合格で、専門医の有効期限が2021年までとなる予定です。

ご協力いただきました皆様には、この場をお借りいたしまして厚く御礼申し上げます。
特に、症例審査につきまして快く同意をいただきました患者様には深く御礼申し上げます。

次回の更新試験も合格できるよう、日々の治療に専念していく所存でございます。


2009年4月 « トップへ » 2011年12月


コールバック予約