«  2012年9月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2012年9月30日

東京都立川市から来られた、八重歯とかなりの「でこぼこ(叢生)」の患者様です。
本来だと上下左右小臼歯、親知らずの8本を抜く先生が多いと思われる症例ですが、
上顎左右の第二大臼歯、下顎左右の親知らずの4本のみを抜いて上下の歯の数を減らさずに治療をした患者様です。


《患者様の声》
今、"付け八重歯"なるものが流行っていますが、
私にとっては、牙のような八重歯がコンプレックスになっていました。

そこで母とも相談をし、20歳から矯正治療を始めることにしました。
食べることが大好きな私にとって、治療中は歯が痛く思うように食べる事ができない歯がゆさも少なからずありましたが、少しずつ治っていく喜びも同時にありました。

治療が終わった今、自分の歯でおいしいものを食べることができる嬉しさは最高です!!!!
また、笑顔にも自信が持てるようになりました。

もっと早く始めればよかった・・・というのが本音ですが、
この歳からでも十分きれいに治せるのだと実感しました。

「食べる」ことは、一生続きますので最後まで自分の歯と口から食べることができるように、
今後も自分の歯を大切にしていきたいです♡


09038S.T300.jpg

矯正についての詳細はこちらをご覧下さい。
http://www.arai-kyousei.jp/

2012年9月22日

神奈川県川崎市から来られた骨格性下顎前突症の患者様です。
お父様が歯科医師のため、父親的には顎変形症にして手術を併用するケースしか無いと思われていました。
手術適応(用)ケースではあるのですが、矯正治療のみでもできる可能性があると判断して治療をしました。
下顎の大臼歯を6mmほど後方移動しなければならないので、チタンピンを応用して治療しました。
非抜歯のケースです。


《患者様の声》
2年間という月日はとても長く、矯正装置をつけている間は嫌なことばかりでした。
朝昼晩の食後には、念入りな歯磨きが欠かせませんし、ワイヤーの強度を上げて数日は、食パンを食べるのにさえ一苦労。
おまけに恥ずかしくて、人前でうまく笑うこともできませんでした。

正直な話、何度も先生に愚痴をこぼしましたし、「もう中止にしてください」と告げたこともあります。
けれども装置を外す日になって、やって良かったと思いました。
ブラケットを外し、付着した色素を落とす特別な研磨をかけてもらうと、粒の揃った美しい白い歯が現れました。
その時は、自分の歯が本当に誇らしかったです。

口元にコンプレックスを持つ人は、ぜひやってみるべきだと思います。
苦労の先には、美しい口元と魅力的な笑顔の自分が必ずいるから。

先生、ありがとうございました。


09047Y.K300.jpg

矯正についての詳細はこちらをご覧下さい。
http://www.arai-kyousei.jp/

2012年9月19日

東京都立川市から来られた叢生(でこぼこ)を伴う開咬症の患者様です。
下顎の第二大臼歯を抜歯して下顎の親知らず(第三大臼歯)を排列しました。
結果として歯の数を減らさず、28本の歯で咬むことができました。
治療途中から青森の実家に帰られ、遠距離通院をされました。
本当にごくろうさまでした。


《患者様ご本人》
2008年10月(?)から3年7ヶ月、矯正装置をつけた時は違和感がとてもありましたが、
今こうして装置が外れてみると、これはこれで違和感があります。

今思うともっと早く矯正を始めておけば良かったと思うのと、
28才から始めたけども遅くはなかったと同時に感じます。
矯正を始めてから他の人を見る時も歯に注目してしまいます。
日本人にも矯正がもっと一般的になればいいのになと思います。

装置をつけていたときはそれなりに苦労もありましたが、
これからはきれいで健康な歯を努力して保っていこうと思います。

新井矯正歯科の皆様ありがとうございました。
これからもよろしくお願いします。


08078N.S300.jpg

矯正についての詳細はこちらをご覧下さい。
http://www.arai-kyousei.jp/

2012年9月17日

武蔵村山市から来た、叢生(でこぼこ)と前歯の反対咬合を主訴とした小学2年生の患者さんです。

《患者様ご本人》
やっと外れた(第一感想)
外れたけれど、装置が体の一部みたいになっていたので少しさみしいような気がする。

《ご家族》
最初に始めた時を思い出すと本当に治るのかなぁーと心配でしたが
回数を重ねて来るたびにきれいな歯並びになっていくので、本人より喜んだかもしれません!!

先生はじめスタッフの皆様、本当にありがとうございました。

10020Y.T300.jpg

10020Y.T(ご家族)300.jpg


矯正についての詳細はこちらをご覧下さい。
http://www.arai-kyousei.jp/

2012年9月15日

小平市から来た上顎前突を主訴とした小学生の女の子です。
非抜歯の治療をするために早期に治療を開始しましたが、
第二大臼歯がなかなか萌出しなかったために、治療終了が遅くなってしまいました。

上顎第一大臼歯を後方移動させたケースでは、
第二大臼歯の萌出余地が少なくなり、第二大臼歯の萌出遅延が起こりやすくなります。


《患者様ご本人》
当初小学生だった私も、高校生になりました。
本当に長かったのですが、終わってみると意外に短かったような気もします。
今でも、ご飯を食べている時、ふいに舌が歯に当たると、ツルツルしていてとても感動します。

何度も急にキャンセルを入れたり、遅刻したりと大変迷惑をかけてしまいました。
その節は本当に申し訳ございませんでした。
そして本当にありがとうございました。
このキレイな歯を大事にして、笑顔があふれる生活を送っていきたいです。


05070K.K300.jpg


矯正についての詳細はこちらをご覧下さい。
http://www.arai-kyousei.jp/

« 2012年8月 | メイン | 2012年10月 »

医療法人社団 新井矯正歯科 院長 新井茂

医療法人社団 新井矯正歯科
院長 新井茂
(あらいしげる)

http://www.arai-kyousei.jp/

【略歴】
東京都立立川高等学校 卒
1979年
国立東京医科歯科大学 卒
1979年~1985年
国立東京医科歯科大学
 第一矯正学教室在籍
1985年
東京・立川市に
 新井矯正歯科 開業

【資格】
日本矯正歯科学会専門医
日本矯正歯科学会認定医

【所属学会】
日本矯正歯科学会
東京矯正歯科学会
日本臨床矯正歯科医会
日本顎変形症学会
日本口蓋裂学会
口腔病学会