トップへ » 矯正装置をつけてスポーツや楽器の演奏はできますか?

矯正装置をつけてスポーツや楽器の演奏はできますか?

基本的には可能です。ただし、激しい格闘技や一部の木管楽器・金管楽器などは不正咬合の治療に妨げとなる場合があります。具体的なことについては、ご相談ください。


トップへ » 矯正装置をつけてスポーツや楽器の演奏はできますか?


コールバック予約