トップへ » 不正咬合の予防ってあるのですか?

不正咬合の予防ってあるのですか?

不正咬合の原因は、先天的なものと後天的なものに分けられます。

先天的な原因は親から譲り受けるもので、鼻が高いとか丸いとか、目が大きいとか細いとかと同じように、歯の大きさ、数、形、顎の大きさ、形が似てきます。これは残念ながら予防できません。

後天的な原因としては、指しゃぶり、口呼吸、片側だけで咬む癖、乳歯のむし歯があげられます。これらを原因とする不正咬合は予防ができます。指しゃぶりは1,2歳までは生理的なものですが、それ以降はやめるよう方向付けてあげてください。

口を閉じて、鼻で息をする、両方で咬む...など、お母さまがちょっとした注意をしてあげるだけで、予防できる場合もあります。予防できる不正咬合であるか否かは、矯正歯科を専門とする医師の判断に委ねたほうが良いと思います。


トップへ » 不正咬合の予防ってあるのですか?


コールバック予約