トップへ » 悪い噛み合わせを放っておくと、どうなりますか?

悪い噛み合わせを放っておくと、どうなりますか?

悪い噛み合わせとは、噛み合わせが不健康な状態にあることを意味します。噛み合わせを不健康な状態で放っておくと、むし歯、歯周病、顎関節症や顎機能異常などを起こしやすくなります。

さらに、消化器官の第1段階として食物をかみ砕き、唾液中の消化酵素アミラーゼ(デンプン分解酵素)と食物をよく混ぜ合わせる機能が十分に発揮されないため、胃から後の消化器官に余分な負担をかけることとなります。場合によっては顎の正常な成長発育を障害したり、顎の形を歪めてしまうこともあります。あるいは、「サ行」や「タ行」などの発音が不明瞭になることもあります。


トップへ » 悪い噛み合わせを放っておくと、どうなりますか?


コールバック予約