トップへ » 矯正治療は、歯を抜かなければならないのでしょうか?

矯正治療は、歯を抜かなければならないのでしょうか?

そんなことはありません。

歯を抜く場合と抜かない場合があります。矯正歯科を専門とする医師は、まず歯を抜かないで矯正治療が可能である否か検討し、歯を抜かないで矯正治療が可能であると判断した場合には、歯を抜かずに矯正治療を行います。しかし、歯を抜いた方が抜かずに治療する場合よりも治療成績が良いと判断された場合には、抜歯をします。歯の数が多いよりも、少なくても良好な状態である方が、80歳90歳まで歯の健康を守っていけると判断される場合には、抜歯をお勧めします。


トップへ » 矯正治療は、歯を抜かなければならないのでしょうか?


コールバック予約