症例|立川・八王子・国分寺で矯正歯科をお探しの方は新井矯正歯科まで

〒190-0023 東京都立川市柴崎町3-7-16

時間
10:00~13:00
15:00~19:30

:9:30-12:30/14:00-18:30
:休診の場合あり。お問い合わせください。

  • 当院SNS
  • 診療日時
    • 記事種別

    • 症状・診断名

    • 条件で絞り込み

Ⅰ期治療(小児矯正)での受け口と歯のでこぼこの治療

口腔内の変化

口腔内の変化

装置による変化(ムーシールド・拡大床・マルチブラケット装置)

治療内容

主訴 受け口を治したい。
症状・診断名 歯性反対咬合
年齢(初診時)・性別 7歳・女児
治療期間4年1カ月(Ⅰ期治療として)
*歯の生え変わりのスピード等で、治療期間は変わります。
治療費(税別)基本料金:¥320,000
処置料:¥5,000
*選択した装置の種類により装置代がかかります。詳しくは料金表をご覧ください。
抜歯の有無非抜歯
使用矯正装置歯列矯正用咬合誘導装置(ムーシルド)
拡大床
マルチブラケット装置
想定されるリスク 痛み、歯根への影響、口腔内不潔域の拡大(装置の種類による)、顎関節症状、後戻り・加齢による変化

治療前後の解説

治療前 レントゲン(セファログラム)より、骨格的に上顎が多少後退気味で受け口傾向の患者さんです。
骨格的な要素よりも歯の傾斜が主な原因で反対咬合になっています。
治療後 Ⅰ期治療で治療を終了した患者さんです。
・歯列矯正用咬合誘導装置(ムーシルド)による反対咬合の改善
・拡大による歯の萌出スペースの確保
・マルチブラケット装置による上下の咬み合わせと歯の萌出スペースのコントロール(Ⅰ期治療なので前歯と第一大臼歯のみ)
これらを歯の萌出のタイミングを見たり、段階を踏んでいくことにより、Ⅰ期治療としては理想的な状態にしました。
今後第二大臼歯の萌出や咬み合わせも経過観察していきます。
 

ページトップへ