症例|立川・八王子・国分寺で矯正歯科をお探しの方は新井矯正歯科まで

〒190-0023 東京都立川市柴崎町3-7-16

時間
10:00~13:00
15:00~19:30

:9:30-12:30/14:00-18:30
:休診の場合あり。お問い合わせください。

  • 当院SNS
  • 診療日時
    • 記事種別

    • 症状・診断名

    • 条件で絞り込み

顎変形症(骨格性下顎前突症)の治療

顎変形症の治療の場合、骨格的に大きなずれがあるため、手術前には歯の傾きを骨に対して正常な位置にしてから、外科手術で骨を動かします。

そのため反対咬合(受け口)の外科矯正の場合、治療開始前よりも反対咬合(受け口)の状態が強くなります。

口腔内の変化

口元の変化

治療終了後3年経過

治療内容

主訴 しっかりと噛めるようにしたい。
症状・診断名 顎変形症(骨格性下顎前突症)
年齢(初診時)・性別 50歳・男性
治療期間3年3か月(術前矯正2年、術後矯正1年3か月)
治療費(税別)保険点数に基きます。
抜歯の有無非抜歯
*上下第三大臼歯(親知らず)は抜歯
使用矯正装置マルチブラケット装置
想定されるリスク 痛み、歯根への影響、口腔内不潔域の拡大(装置の種類による)、顎関節症状、後戻り・加齢による変化など。

治療前後の解説

治療前 骨格的に下顎が過成長をしていて、反対咬合になっている。
右側第一大臼歯(前から6番目)から左側第一大臼歯までが開いていて全く咬んでいない状態(開咬)です。
歯周病の進行があったため、歯周治療を先行して行いました。
治療後 反対咬合や開咬が治り全体的に緊密に咬んでいます。
手術で顎の関係も治したことにより、横顔の印象も変わりました。
 

ページトップへ