症例|立川・八王子・国分寺で矯正歯科をお探しの方は新井矯正歯科まで

〒190-0023 東京都立川市柴崎町3-7-16

時間
10:00~13:00
15:00~19:30

:9:30-12:30/14:00-18:30
:休診の場合あり。お問い合わせください。

  • 当院SNS
  • 診療日時
    • 記事種別

    • 症状・診断名

    • 条件で絞り込み

ハーフリンガルでの歯のガタガタの治療(非抜歯)

口腔内の変化

口腔内の変化

治療内容

主訴 八重歯、下の歯並びが悪い。笑った時に歯と口の中のすきまができないようにしたい。
症状・診断名 叢生
年齢(初診時)・性別 21歳・女性
治療期間2年11カ月
治療費(税別)基本料金:¥700,000
処置料:¥7,000(ハーフリンガルのため)
*選択した装置の種類により装置代がかかります。詳しくは料金表をご覧ください。
抜歯の有無非抜歯
(*親知らずは4本とも抜歯しました)
使用矯正装置ハーフリンガル(上顎:リンガルブラケット、下顎:セルフライゲーションセラミックブラケット)
歯科矯正用アンカースクリュー
想定されるリスク 痛み、歯根への影響、口腔内不潔域の拡大(装置の種類による)、顎関節症状、後戻り・加齢による変化など。

治療前後の解説

治療前 上下の歯のでこぼこ(叢生・乱杭歯)や八重歯があります。
治療後 前歯から奥歯まで全体的に緊密な咬み合わせになっています。
上顎の正中口蓋のアンカースクリューを利用して上顎歯列全体を後方移動させることで非抜歯での治療をしました。
元々口元の突出感はほとんど問題ありませんでしたが、より口元をすっきりさせることができました。

ハーフリンガルでの歯のデコボコの治療

他院にて9歳~18歳まで床矯正による矯正をしていた患者さんです。

床矯正で永久歯列の細かい咬み合わせを作るのには限界があります。

この患者さんの場合はその限界に気付かずに10年間ただ拡大だけをしていたため、多少の叢生(でこぼこ)は解消されていたのかもしれませんが、口元の突出感が強くなっていて、全体的な咬み合わせもかなり甘い状態となっていました。

当時かかっていた歯科医院の先生に再相談することも勧めましたが、10年もかかっていたため不信感も強く、当院での検査・診断・治療を希望されました。

当院では機能改善と口元の改善を考え、非抜歯ではなく抜歯の適応となりました。

口腔内の変化

口元と口腔内の変化

口腔内の変化

治療中(ハーフリンガル)

治療内容

主訴 歯並びも口元も治して欲しい。
症状・診断名 叢生
年齢(初診時)・性別 15歳・女性
治療期間3年
治療費(税別)基本料金:¥700,000
処置料:¥7,000(ハーフリンガルのため)
*選択した装置の種類により装置代がかかります。詳しくは料金表をご覧ください。
抜歯の有無上顎:第一小臼歯(前から4番目の歯)
下顎:右側第一小臼歯、左側第二小臼歯(前から5番目の歯)
使用矯正装置ハーフリンガル(上顎:リンガルブラケット、下顎:セルフライゲーションセラミックブラケット)
想定されるリスク 痛み、歯根への影響、口腔内不潔域の拡大(装置の種類による)、顎関節症状、後戻り・加齢による変化など。

治療前後の解説

治療前 レントゲン(セファログラム)より、骨格的には受け口傾向の患者さんです。
上下共に前歯が前方に傾いていて、横顔を見ると口元の突出感があります。
正面から見ると、口が閉じずらく無理矢理閉じるため、顎にしわが寄っています。
上下の歯が互いにはまり込んでいなく、かみ合わせとしてもかなり甘い状態です。
治療後 上下の歯がお互いにはまり込み、しっかりと咬んでいます。
治療前後を比較して、口元の突出感は軽減されすっきりとした口元になっています。
拡大のみにより不自然な形になっていた上下の歯列も調和が取れた形になっています。

歯科矯正用アンカースクリュー

精度の高い仕上がりを、できるだけ短期間に実現するため、歯科矯正用アンカースクリューによる矯正治療法を併用します。

 

口の中にネジがあるため、初めて見るとびっくりされる患者さんが多くいますが、いざ治療方針を決めていく時になると選択される方がほとんどです。

現在の矯正治療ではスタンダードに使用する装置になっています。

 

口の中にずっと装着されているため、24時間ずっと歯に力をかけられることが最大の特徴であり、利点もたくさんあります。

・痛みがほとんどなく、安全で確実な治療が行えます

・難しい不正咬合の治療も可能です

・より精度の高い治療結果が期待できます

・治療期間が短縮されます

・ヘッドギアなどの装置をつける必要がありません

 

 

〈アンカースクリューに装着しているパラタルレバーからゴムを使用して歯列全体を後ろに引っ張り始めた時点〉

〈歯列が後ろに動いたことで歯と歯の間に隙間ができて叢生が無くなってきた時点〉

 

 

以前はヘッドギアという取り外し式の装置を在宅時に使用してもらうことで歯の後方移動や固定をしていましたが、歯科矯正用アンカースクリューを使用することにより常に歯のコントロールが可能になり患者さんの負担も減らすことができています。

 

治療例はこちらになります。

舌側矯正での非抜歯の出っ歯の治療

 

〈ヘッドギア〉

 

ハーフリンガルでの開咬の治療

 

口腔内の変化

口腔内の変化

治療中の口腔内

治療内容

主訴 前歯でしっかり噛めるようにしたい。
症状・診断名 叢生(歯のでこぼこ)を伴う開咬症
年齢(初診時)・性別 29歳・女性
治療期間3年3か月
治療費(税別)基本料金:¥750,000
処置料:¥7,000(ハーフリンガルのため)
*選択した装置の種類により装置代がかかります。詳しくは料金表をご覧ください。
抜歯の有無上顎第二小臼歯(上の前から5番目の歯)
下顎第一小臼歯(下の前から4番目の歯)
使用矯正装置マルチブラケット装置(上:リンガルセルフライゲーションブラケット、下:セラミックセルフライゲーションブラケット)
歯科矯正用アンカースクリュー
想定されるリスク 痛み、歯根への影響、口腔内不潔域の拡大(装置の種類による)、顎関節症状、後戻り・加齢による変化など。

治療前後の解説

治療前 左右共に奥の2本の歯しか当たっておらず開咬(オープンバイト)状態です。
治療後 前歯から奥歯まで全体的に緊密な咬み合わせになっています。
 

ページトップへ