症例|立川・八王子・国分寺で矯正歯科をお探しの方は新井矯正歯科まで

〒190-0023 東京都立川市柴崎町3-7-16

時間
10:00~13:00
15:00~19:30

:9:30-12:30/14:00-18:30
:休診の場合あり。お問い合わせください。

  • 当院SNS
  • 診療日時
    • 記事種別

    • 症状・診断名

    • 条件で絞り込み

深い咬み合わせとすれ違い咬合の治療

口腔内の変化

口腔内の変化

治療内容

主訴 かみ合わせをバランス良く総合的に治して欲しい。見た目は二の次。
症状・診断名 左側臼歯部のすれ違い咬合を伴う過蓋咬合
年齢(初診時)・性別 32歳・男性
治療期間3年7か月
治療費(税別)基本料金:¥730,000
処置料:¥5,000
*選択した装置の種類により装置代がかかります。詳しくは料金表をご覧ください。
抜歯の有無上顎第二大臼歯(上の前から7番目)
使用矯正装置セルフライゲーションブラケット装置
歯科矯正用アンカースクリュー
想定されるリスク 痛み、歯根への影響、口腔内不潔域の拡大(装置の種類による)、顎関節症状、後戻り・加齢による変化など。

治療前後の解説

治療前 下の前歯が上の前歯により完全に隠れている状態で、下の前歯が上顎の粘膜に咬み込んでいる状態です(過蓋咬合)。
深い咬み合わせを治すのには時間がかかります。
左側上顎第二大臼歯が左側下顎第二大臼歯に対して、外側に出ていて全く咬んでいない状態(すれ違い咬合)です。
治療後 深すぎる咬み合わせが治り、前歯から奥歯までしっかり咬んでいます。
治療開始時の主訴で「見た目は二の次」とありましたが、奥歯からきちんとした咬み合わせを作っているので、見た目も綺麗な状態です。

出っ歯とガミースマイルの治療

口腔内の変化

口元の変化

治療内容

主訴 出っ歯と笑った時に歯ぐきが見えるのを無くしたい。
症状・診断名 骨格性上顎前突症
年齢(初診時)・性別 16歳・女性
治療期間3年
治療費(税別)基本料金:¥700,000
処置料:¥5,000
*選択した装置の種類により装置代がかかります。詳しくは料金表をご覧ください。
抜歯の有無上顎第一小臼歯(上の前から4番目)
使用矯正装置マルチブラケット装置(セルフライゲーションセラミックブラケット)
歯科矯正用アンカースクリュー
想定されるリスク 痛み、歯根への影響、口腔内不潔域の拡大(装置の種類による)、顎関節症状、後戻り・加齢による変化など。

治療前後の解説

治療前 レントゲン(セファログラム)から骨格的な前後的なずれが見られ、それが原因で出っ歯の状態になっています。
また笑った時に歯肉の露出が多くガミーフェイス(ガミースマイル)になっています。
治療後 上下の歯がお互いにはまり込み、しっかりと咬んでいます。

治療前後を比較して、口元の突出感は軽減されすっきりとした口元になっています。
また主訴であるガミースマイル(ガミーフェイス)も改善されています。

ハーフリンガルでの開咬の治療

 

口腔内の変化

口腔内の変化

治療中の口腔内

治療内容

主訴 前歯でしっかり噛めるようにしたい。
症状・診断名 叢生(歯のでこぼこ)を伴う開咬症
年齢(初診時)・性別 29歳・女性
治療期間3年3か月
治療費(税別)基本料金:¥750,000
処置料:¥7,000(ハーフリンガルのため)
*選択した装置の種類により装置代がかかります。詳しくは料金表をご覧ください。
抜歯の有無上顎第二小臼歯(上の前から5番目の歯)
下顎第一小臼歯(下の前から4番目の歯)
使用矯正装置マルチブラケット装置(上:リンガルセルフライゲーションブラケット、下:セラミックセルフライゲーションブラケット)
歯科矯正用アンカースクリュー
想定されるリスク 痛み、歯根への影響、口腔内不潔域の拡大(装置の種類による)、顎関節症状、後戻り・加齢による変化など。

治療前後の解説

治療前 左右共に奥の2本の歯しか当たっておらず開咬(オープンバイト)状態です。
治療後 前歯から奥歯まで全体的に緊密な咬み合わせになっています。

歯を抜かずに治療した反対咬合(受け口)

口腔内の変化

口腔内の変化

治療内容

主訴 歯並びをきれいにしたい。
症状・診断名 歯性反対咬合
年齢(初診時)・性別 30代・女性
治療期間2年1か月
治療費(税別)基本料金¥700,000
処置料¥5,000
抜歯の有無非抜歯
使用矯正装置マルチブラケット装置(セルフライゲーションセラミックブラケット)
w-type拡大装置
想定されるリスク 痛み、歯根への影響、口腔内不潔域の拡大(装置の種類による)、顎関節症状、後戻り・加齢による変化など。

治療前後の解説

治療前 歯の傾斜が原因で受け口になっていた患者さんです。
上下共に歯が内側に傾いていて、特に上顎前歯はかなり内側に傾いていました。
そのため、表側のワイヤーだけでなく、w-typeの拡大装置を使って内側からも歯の傾きをコントロールしていきました。
治療後 前歯から奥歯まで全体的に緊密に咬んでいます。
1 2
 

ページトップへ