症例|立川・八王子・国分寺で矯正歯科をお探しの方は新井矯正歯科まで

〒190-0023 東京都立川市柴崎町3-7-16

時間
10:00~13:00
15:00~19:30

:9:30-12:30/14:00-18:30
:休診の場合あり。お問い合わせください。

  • 当院SNS
  • 診療日時
    • 記事種別

    • 症状・診断名

    • 条件で絞り込み

非抜歯での切端咬合の治療

口腔内の変化

口腔内の変化

治療終了後3年2カ月経過

治療内容

主訴 受け口になっているため、かみ合わせを良くして欲しい。
症状・診断名 右側臼歯部の反対咬合を伴う骨格性下顎前突症
年齢(初診時)・性別 30歳・女性
治療期間2年
治療費(税別)基本料金:¥700,000
処置料:¥5,000
*選択した装置の種類により装置代がかかります。詳しくは料金表をご覧ください。
抜歯の有無無し
使用矯正装置セルフライゲーションセラミックブラケット
想定されるリスク 痛み、歯根への影響、口腔内不潔域の拡大(装置の種類による)、顎関節症状、後戻り・加齢による変化など。

治療前後の解説

治療前 上の前歯と下の前歯が前後的に同じ位置にあり(切端咬合)、右側の奥歯が反対咬合になっています。
横顔のレントゲン写真(セファログラム)より、骨格的に反対咬合(骨格性下顎前突症)の患者さんです。
治療後 前歯から奥歯まで全体的に緊密な咬み合わせになっています。
治療終了から3年2か月後も安定した歯並びとかみ合わせです。

顎変形症(骨格性下顎前突症)の治療

顎変形症の治療の場合、骨格的に大きなずれがあるため、手術前には歯の傾きを骨に対して正常な位置にしてから、外科手術で骨を動かします。

そのため反対咬合(受け口)の外科矯正の場合、治療開始前よりも反対咬合(受け口)の状態が強くなります。

口腔内の変化

口元の変化

治療終了後3年経過

治療内容

主訴 しっかりと噛めるようにしたい。
症状・診断名 顎変形症(骨格性下顎前突症)
年齢(初診時)・性別 50歳・男性
治療期間3年3か月(術前矯正2年、術後矯正1年3か月)
治療費(税別)保険点数に基きます。
抜歯の有無非抜歯
*上下第三大臼歯(親知らず)は抜歯
使用矯正装置マルチブラケット装置
想定されるリスク 痛み、歯根への影響、口腔内不潔域の拡大(装置の種類による)、顎関節症状、後戻り・加齢による変化など。

治療前後の解説

治療前 骨格的に下顎が過成長をしていて、反対咬合になっている。
右側第一大臼歯(前から6番目)から左側第一大臼歯までが開いていて全く咬んでいない状態(開咬)です。
歯周病の進行があったため、歯周治療を先行して行いました。
治療後 反対咬合や開咬が治り全体的に緊密に咬んでいます。
手術で顎の関係も治したことにより、横顔の印象も変わりました。

歯科矯正用アンカースクリュー

精度の高い仕上がりを、できるだけ短期間に実現するため、歯科矯正用アンカースクリューによる矯正治療法を併用します。

 

口の中にネジがあるため、初めて見るとびっくりされる患者さんが多くいますが、いざ治療方針を決めていく時になると選択される方がほとんどです。

現在の矯正治療ではスタンダードに使用する装置になっています。

 

口の中にずっと装着されているため、24時間ずっと歯に力をかけられることが最大の特徴であり、利点もたくさんあります。

・痛みがほとんどなく、安全で確実な治療が行えます

・難しい不正咬合の治療も可能です

・より精度の高い治療結果が期待できます

・治療期間が短縮されます

・ヘッドギアなどの装置をつける必要がありません

 

 

〈アンカースクリューに装着しているパラタルレバーからゴムを使用して歯列全体を後ろに引っ張り始めた時点〉

〈歯列が後ろに動いたことで歯と歯の間に隙間ができて叢生が無くなってきた時点〉

 

 

以前はヘッドギアという取り外し式の装置を在宅時に使用してもらうことで歯の後方移動や固定をしていましたが、歯科矯正用アンカースクリューを使用することにより常に歯のコントロールが可能になり患者さんの負担も減らすことができています。

 

治療例はこちらになります。

舌側矯正での非抜歯の出っ歯の治療

 

〈ヘッドギア〉

 

舌側矯正での非抜歯の出っ歯の治療

口腔内の変化

口腔内の変化

上顎歯列の後方移動

治療内容

主訴 しっかりと噛めるようにしたい。
症状・診断名 骨格性上顎前突症
年齢(初診時)・性別 26歳・女性
治療期間3年2か月
治療費(税別)基本料金:¥700,000
処置料:¥9,000(舌側矯正のため)
*選択した装置の種類により装置代がかかります。詳しくは料金表をご覧ください。
抜歯の有無非抜歯
使用矯正装置リンガルブラケット
歯科矯正用アンカースクリュー
想定されるリスク 痛み、歯根への影響、口腔内不潔域の拡大(装置の種類による)、顎関節症状、後戻り・加齢による変化など。

治療前後の解説

治療前 骨格的に上顎が下顎に対して少し前方位にあり、出っ歯の状態です。
治療後 上顎の後方にスペースがあるため、アンカースクリューとパラタルレバーを使用して上顎歯列全体を後ろに移動させることで歯を抜かずに出っ歯を治しました。

先天欠損によるすきっ歯の治療

 

口腔内の変化

口腔内の変化

治療内容

主訴 隙間がなく、しっかりとした歯並びにしたい。
症状・診断名 上顎前歯の欠損による上顎空隙歯列と下顎の叢生
年齢(初診時)・性別 32歳・女性
治療期間2年3か月
治療費(税別)基本料金:¥700,000
処置料:¥5,000
*選択した装置の種類により装置代がかかります。詳しくは料金表をご覧ください。
抜歯の有無非抜歯
使用矯正装置セルフライゲーションセラミックブラケット
想定されるリスク 痛み、歯根への影響、口腔内不潔域の拡大(装置の種類による)、顎関節症状、後戻り・加齢による変化など。

治療前後の解説

治療前 上顎側切歯(上の前から2番目の歯)の先天欠損によりすきっ歯(空隙歯列)の状態になっています。
治療後 隙間なくきれいな歯並びとしっかりとしたかみ合わせになっています。

治療終了3年後も安定している反対咬合(受け口)の治療

 

口腔内の変化

口腔内の変化

治療終了後3年1か月経過

治療内容

主訴 八重歯、受け口、歯並びを綺麗にしたい。
症状・診断名 歯性反対咬合
年齢(初診時)・性別 9歳・女児
治療期間Ⅰ期治療:9か月
Ⅱ期治療:2年2か月
治療費(税別)基本料金:¥600,000(Ⅰ期治療:¥300,000、Ⅱ期治療:¥300,000)
処置料:¥5,000
抜歯の有無非抜歯
使用矯正装置リンガルアーチ
リップバンパー
セルフライゲーションブラケット装置
想定されるリスク 痛み、歯根への影響、口腔内不潔域の拡大(装置の種類による)、顎関節症状、後戻り・加齢による変化など。

治療前後の解説

治療前 上の前歯が内側に倒れていることによる前歯反対咬合と、歯のでこぼこ(叢生)、永久歯の萌出スペース不足が認められます。
治療後 Ⅰ期治療で
・上顎にリンガルアーチで前歯の反対咬合を改善
・上下にリップバンパーを使用して、永久歯の萌出スペースを確保

その後第二大臼歯(前から7番目の歯)の萌出を確認してから
セルフライゲーションブラケットを使用して全体の歯並びとかみ合わせの治療を行いました。

Ⅰ期治療(小児矯正)で永久歯の萌出スペースの確保ができたため、歯を抜かずに(非抜歯で)治療を行えました。

Ⅰ期治療(小児矯正)での出っ歯の治療

口腔内の変化

口腔内と口元の変化

治療内容

主訴 前歯がおかしい位置から生えてきている。
症状・診断名 上下顎前突症
年齢(初診時)・性別 8歳・女児
治療期間3年6か月
*歯の生え変わりのスピード等で、治療期間は変わります。
治療費(税別)基本料金:¥320,000
処置料:¥5,000
抜歯の有無無し
使用矯正装置急速拡大装置(Rapid expansion)
緩徐拡大装置-固定式(W-type拡大装置)
マルチブラケット装置
ヘッドギア
想定されるリスク 痛み、歯根への影響、口腔内不潔域の拡大(装置の種類による)、顎関節症状、後戻り・加齢による変化など。

治療前後の解説

治療前 横顔のレントゲン写真(側面セファログラム)から、上顎と下顎はどちらも前方位にあり上下顎前突の状態でした。
上下ともに永久歯のサイズが大きく、上の歯列が下の歯列に対して前方にあるため出っ歯の症状もありました。
治療後 ・急速拡大装置により、上顎の側方拡大をして永久歯の萌出スペースを確保
・緩徐拡大装置-固定式(W-type拡大装置)により、下顎の側方拡大をして永久歯の萌出スペースを確保
・マルチブラケット装置による、歯の排列と他の永久歯が生えてくるためのスペース確保
・ヘッドギアにより上顎歯列を後方に移動させる

以上を行い、Ⅰ期治療(小児矯正)を終了しました。
今後は第二大臼歯(前から7番目の歯)などの萌出状況を観察していきます。

*小児矯正(Ⅰ期治療)の場合に、マルチブラケット装置は前歯4本と第一大臼歯が適応になります。

小児の歯のデコボコの治療

口腔内の変化

治療中の装置による変化(緩徐拡大装置・マルチブラケット装置)

治療内容

主訴 前歯がガダガタしている。
症状・診断名 叢生
年齢(初診時)・性別 7歳・男児
治療期間2年10か月
*歯の生え変わりのスピード等で、治療期間は変わります。
治療費(税別)基本料金:¥350,000
処置料:¥4,000
抜歯の有無なし
使用矯正装置緩徐拡大装置(可撤式)
マルチブラケット装置
想定されるリスク 痛み、歯根への影響、口腔内不潔域の拡大(装置の種類による)、顎関節症状、後戻り・加齢による変化など。

治療前後の解説

治療前 上下共に前歯の萌出が足りていない状態です。
治療後 萌出スペース確保のための拡大装置と、上顎は曲がって生えてきた前歯を整えるためにマルチブラケット装置を使用して治療しました。

骨格的な受け口の非抜歯での治療(成長期・上顎の成長促進)

口腔内の変化

口元の変化

口腔内の変化

治療内容

主訴 反対咬合を治して欲しい。
症状・診断名 骨格性下顎前突症
年齢(初診時)・性別 11歳・女性
治療期間3年
治療費(税別)基本料金:¥750,000
処置料:¥5,000
*選択した装置の種類により装置代がかかります。詳しくは料金表をご覧ください。
抜歯の有無非抜歯
使用矯正装置セルフライゲーションブラケット装置
上顎前方牽引装置(upper pull)
想定されるリスク 痛み、歯根への影響、口腔内不潔域の拡大(装置の種類による)、顎関節症状、後戻り・加齢による変化など。

治療前後の解説

治療前 骨格的に下顎の過成長がみられ、上下顎の前後的関係は非常に悪い状態です。
治療後 ・上顎の前方成長をさせるために、上顎前方牽引装置を装着
・全体的な歯の排列をするためにセルフライゲーションブラケットを使用
以上のことにより、上顎の前方成長と下顎の後方回転をさせ、全体的に緊密なかみ合わせを作りました。
外科手術併用の矯正治療ではなく、矯正単独の治療です。
成長期だからこそできた治療です。

Ⅰ期治療(小児矯正)で拡大をした歯のでこぼこの治療

口腔内の変化

治療中の装置による変化(急速拡大装置・緩徐拡大装置・リンガルアーチ)

治療内容

主訴 歯が内側から生えてきているのを治したい。
症状・診断名 叢生(歯のでこぼこ・がたがた)
年齢(初診時)・性別 8歳
治療期間2年1か月
*歯の生え変わりのスピード等で、治療期間は変わります。
治療費(税別)基本料金:¥320,000
処置料:¥5,000
抜歯の有無無し
使用矯正装置急速拡大装置(Rapid expansion)
緩徐拡大装置(W-type拡大装置)
リンガルアーチ
マルチブラケット装置
想定されるリスク 痛み、歯根への影響、口腔内不潔域の拡大(装置の種類による)、顎関節症状、後戻り・加齢による変化など。

治療前後の解説

治療前 上下とも前歯にでこぼこが見られる。
上下ともに歯槽骨の大きさに対して歯が大きくアンバランスであるため、拡大の適応となりました。
治療後 ・上下ともに拡大することにより、叢生を解消するスペースを確保
・リンガルアーチにより、上の前から2番目の歯が内側に倒れているのを起こす
・マルチブラケット装置により、歯の排列と永久歯が生えてくるスペースの確保

以上を行い、Ⅰ期治療(小児矯正)を終了しました。
今後は第二大臼歯(前から7番目の歯)などの萌出状況を観察していきます。

*小児矯正(Ⅰ期治療)の場合に、マルチブラケット装置は前歯4本と第一大臼歯が適応になります。
1 2
 

ページトップへ