症例|立川・八王子・国分寺で矯正歯科をお探しの方は【新井矯正歯科】まで

〒190-0023 東京都立川市柴崎町3-7-16

時間
10:00~13:00
15:00~19:30

:9:30-12:30/14:00-18:30
:休診の場合あり。お問い合わせください。

  • 当院SNS
  • 診療日時
    • 記事種別

    • 症状・診断名

    • 条件で絞り込み

長期安定している顎変形症の治療(顔面左右非対称・下顎前突)

口腔内の変化

口腔内と顔貌(口元)の変化

口腔内の変化

治療終了後5年6カ月経過

治療内容

主訴 歯並び・かみ合わせ・顔のゆがみを治したい。
症状・診断名 顎変形症(下顎前突・側方偏位)
年齢(初診時)・性別 30代・男性・福生市
治療期間3年4か月
治療費(税別)保険診療のため、都度払い。
抜歯の有無非抜歯
使用矯正装置メタルブラケット
想定されるリスク 治療期間中に起こりうる関連症状として、痛み、歯根への影響、口腔内不潔域の拡大(装置の種類による)、顎関節症状、後戻り・加齢による変化など

治療前後の解説

治療前 下顎が右にずれていて、かみ合わせと顔面のずれ(左右非対称)があった患者さんです。
右側は全体的に反対咬合、左側は奥歯のずれが大きく受け口のタイプ、下顎の歯列正中が右側に約8mmと大きくずれているのがわかります。
顎骨のずれが大きくて、かみ合わせに問題がある場合に保険治療の適応となります。

顎変形症での矯正治療の場合、術前矯正(顎に対して歯を正しい位置に並べて、手術後正常に咬むようにする。)→手術→術後矯正の流れとなります。
治療後 前歯から奥歯まで全体的に緊密な咬み合わせになっています。
主訴はすべて改善され、治療終了から5年半経過した現在もかみ合わせは安定しています。
今後も保定での管理を続ける予定です。

骨格的な要素のある下顎前突症(受け口・反対咬合)

口腔内の変化

口腔内の変化

治療内容

主訴 上下の歯のずれとそれに起因するアゴのずれを治して欲しい。
症状・診断名 骨格性下顎前突症
年齢(初診時)・性別 30代・男性・日野市
治療期間2年1か月
治療費(税別)基本料金:¥700,000
処置料:¥5,000
*選択した装置の種類により装置代がかかります。詳しくは料金表をご覧ください。
抜歯の有無非抜歯
使用矯正装置セルフライゲーションブラケット(メタルクリッピー)
想定されるリスク 治療期間中に起こりうる関連症状として、痛み、歯根への影響、口腔内不潔域の拡大(装置の種類による)、顎関節症状、後戻り・加齢による変化など。

治療前後の解説

治療前 歯だけでなく骨格的な前後的なずれのある受け口の患者さんです。
前歯同士が当たった時に下顎が前に誘導されることにより顎関節への負担もありました。
治療後 前歯から奥歯まで全体的に緊密な咬み合わせになっています。
安定したかみ合わせにより顎関節症状も治まりました。

舌癖の強い開咬の治療

歯並びやかみ合わせと舌の関係はとても大きいです。

特に【開咬】は舌による影響が大きく、嚥下時に歯と歯の間に舌が突き出ており、十分に舌が持ち上がっていません。

また、飲み込むたびに前歯に舌の圧力がかかっています。

開咬の治療の際には口腔筋機能訓練(MFT)を併用することが多いです。

口腔内の変化

口腔内の変化

治療内容

主訴 かみ合わせを良くしたい。
症状・診断名 叢生を伴う前歯・小臼歯部開咬
年齢(初診時)・性別 30代・女性・青梅市
治療期間3年2か月
治療費(税別)基本料金:¥750,000
処置料:¥5,000
*選択した装置の種類により装置代がかかります。詳しくは料金表をご覧ください。
抜歯の有無上下顎第一小臼歯(前から4番目の歯)
*上下顎第三大臼歯(親知らず)も咬合させているため、非抜歯と同じ歯の本数でかみ合わせを作っています。
使用矯正装置セルフライゲーションブラケット(セラミッククリッピー)
想定されるリスク 治療期間中に起こりうる関連症状として、痛み、歯根への影響、口腔内不潔域の拡大(装置の種類による)、顎関節症状、後戻り・加齢による変化など。

治療前後の解説

治療前 右の4番目から左の4番目まで上下の歯が当たっていない状態(開咬)です。
第一小臼歯(前から4番目の歯)の歯根の状態が悪かったため抜歯をし、親知らずを咬合参加させることで非抜歯での矯正治療と同じ歯の本数でかみ合わせを作ることとしました。
舌癖が強く舌の正しい使い方を習得するために、口腔筋機能療法(MFT)を併用しながら治療を進めていきました。
治療後 前歯から奥歯まで全体的に緊密な咬み合わせになっています。
今まで物を咬むことができなかった前歯で食べ物を咬み切れるようになり,QOL(=Quality of life)の向上にも繋がりました。
MFTや舌の位置の意識は継続します。

深い咬み合わせ(過蓋咬合)と歯のでこぼこの治療

口腔内の変化

口腔内の変化

治療内容

主訴 上の前歯が引っ込んでいるのと下の前歯の歯並びを治したい。
症状・診断名 叢生を伴う過蓋咬合
年齢(初診時)・性別 20歳・女性・国立市
治療期間3年
治療費(税別)基本料金:¥700,000
処置料:¥5,000
*選択した装置の種類により装置代がかかります。詳しくは料金表をご覧ください。
抜歯の有無非抜歯
使用矯正装置セルフライゲーションブラケット
想定されるリスク 治療期間中に起こりうる関連症状として、痛み、歯根への影響、口腔内不潔域の拡大(装置の種類による)、顎関節症状、後戻り・加齢による変化など。

治療前後の解説

治療前 骨格的に前後的な問題は無いが、下顎骨の形態により深い咬みこみ(過蓋咬合)がみられました。
患者さんは前歯だけを気にしていましたが、奥歯の関係は右側が出っ歯傾向でした。
治療後 前歯から奥歯まで全体的に緊密な咬み合わせになっています。
治療前は下の前歯が上の口蓋粘膜に当たっていていましたが、治療後はしっかりと上の歯と下の歯で咬合が確立されています。
歯科矯正用アンカースクリューは治療後に外しました。

50代男性・非抜歯での受け口の治療、国分寺市

矯正治療を開始されるのに年齢を気にされる方は少なくないと思います。

矯正治療はかみ合わせや見た目が気になったときであればどんな年齢でも開始できます。

口腔内の変化

口腔内の変化

治療内容

主訴 見た目とかみ合わせを目立たずに早く治したい。
症状・診断名 骨格性下顎前突症
年齢(初診時)・性別 56歳・男性
治療期間1年11カ月
治療費(税別)基本料金:¥700,000
処置料:¥5,000
*選択した装置の種類により装置代がかかります。詳しくは料金表をご覧ください。
抜歯の有無非抜歯
使用矯正装置セルフライゲーションセラミックブラケット
想定されるリスク 痛み、歯根への影響、口腔内不潔域の拡大(装置の種類による)、顎関節症状、後戻り・加齢による変化など。

治療前後の解説

治療前 骨格的には上顎が下がっていましたが、上顎の前歯が外側に傾斜(唇側傾斜)していたため、切端咬合になっていました。
治療後 前歯から奥歯まで全体的に緊密な咬み合わせになっています。
主訴の通り、見た目もかみ合わせも短期間での治療完了となりました。

ハーフリンガルでの歯のガタガタの治療(非抜歯)

口腔内の変化

口腔内の変化

治療内容

主訴 八重歯、下の歯並びが悪い。笑った時に歯と口の中のすきまができないようにしたい。
症状・診断名 叢生
年齢(初診時)・性別 21歳・女性
治療期間2年11カ月
治療費(税別)基本料金:¥700,000
処置料:¥7,000(ハーフリンガルのため)
*選択した装置の種類により装置代がかかります。詳しくは料金表をご覧ください。
抜歯の有無非抜歯
(*親知らずは4本とも抜歯しました)
使用矯正装置ハーフリンガル(上顎:リンガルブラケット、下顎:セルフライゲーションセラミックブラケット)
歯科矯正用アンカースクリュー
想定されるリスク 痛み、歯根への影響、口腔内不潔域の拡大(装置の種類による)、顎関節症状、後戻り・加齢による変化など。

治療前後の解説

治療前 上下の歯のでこぼこ(叢生・乱杭歯)や八重歯があります。
治療後 前歯から奥歯まで全体的に緊密な咬み合わせになっています。
上顎の正中口蓋のアンカースクリューを利用して上顎歯列全体を後方移動させることで非抜歯での治療をしました。
元々口元の突出感はほとんど問題ありませんでしたが、より口元をすっきりさせることができました。

非抜歯での切端咬合の治療

口腔内の変化

口腔内の変化

治療終了後3年2カ月経過

治療内容

主訴 受け口になっているため、かみ合わせを良くして欲しい。
症状・診断名 右側臼歯部の反対咬合を伴う骨格性下顎前突症
年齢(初診時)・性別 30歳・女性
治療期間2年
治療費(税別)基本料金:¥700,000
処置料:¥5,000
*選択した装置の種類により装置代がかかります。詳しくは料金表をご覧ください。
抜歯の有無無し
使用矯正装置セルフライゲーションセラミックブラケット
想定されるリスク 痛み、歯根への影響、口腔内不潔域の拡大(装置の種類による)、顎関節症状、後戻り・加齢による変化など。

治療前後の解説

治療前 上の前歯と下の前歯が前後的に同じ位置にあり(切端咬合)、右側の奥歯が反対咬合になっています。
横顔のレントゲン写真(セファログラム)より、骨格的に反対咬合(骨格性下顎前突症)の患者さんです。
治療後 前歯から奥歯まで全体的に緊密な咬み合わせになっています。
治療終了から3年2か月後も安定した歯並びとかみ合わせです。

顎変形症(骨格性下顎前突症)の治療

顎変形症の治療の場合、骨格的に大きなずれがあるため、手術前には歯の傾きを骨に対して正常な位置にしてから、外科手術で骨を動かします。

そのため反対咬合(受け口)の外科矯正の場合、治療開始前よりも反対咬合(受け口)の状態が強くなります。

口腔内の変化

口元の変化

治療終了後3年経過

治療内容

主訴 しっかりと噛めるようにしたい。
症状・診断名 顎変形症(骨格性下顎前突症)
年齢(初診時)・性別 50歳・男性
治療期間3年3か月(術前矯正2年、術後矯正1年3か月)
治療費(税別)保険点数に基きます。
抜歯の有無非抜歯
*上下第三大臼歯(親知らず)は抜歯
使用矯正装置マルチブラケット装置
想定されるリスク 痛み、歯根への影響、口腔内不潔域の拡大(装置の種類による)、顎関節症状、後戻り・加齢による変化など。

治療前後の解説

治療前 骨格的に下顎が過成長をしていて、反対咬合になっている。
右側第一大臼歯(前から6番目)から左側第一大臼歯までが開いていて全く咬んでいない状態(開咬)です。
歯周病の進行があったため、歯周治療を先行して行いました。
治療後 反対咬合や開咬が治り全体的に緊密に咬んでいます。
手術で顎の関係も治したことにより、横顔の印象も変わりました。

歯科矯正用アンカースクリュー

精度の高い仕上がりを、できるだけ短期間に実現するため、歯科矯正用アンカースクリューによる矯正治療法を併用します。

 

口の中にネジがあるため、初めて見るとびっくりされる患者さんが多くいますが、いざ治療方針を決めていく時になると選択される方がほとんどです。

現在の矯正治療ではスタンダードに使用する装置になっています。

 

口の中にずっと装着されているため、24時間ずっと歯に力をかけられることが最大の特徴であり、利点もたくさんあります。

・痛みがほとんどなく、安全で確実な治療が行えます

・難しい不正咬合の治療も可能です

・より精度の高い治療結果が期待できます

・治療期間が短縮されます

・ヘッドギアなどの装置をつける必要がありません

 

 

〈アンカースクリューに装着しているパラタルレバーからゴムを使用して歯列全体を後ろに引っ張り始めた時点〉

〈歯列が後ろに動いたことで歯と歯の間に隙間ができて叢生が無くなってきた時点〉

 

 

以前はヘッドギアという取り外し式の装置を在宅時に使用してもらうことで歯の後方移動や固定をしていましたが、歯科矯正用アンカースクリューを使用することにより常に歯のコントロールが可能になり患者さんの負担も減らすことができています。

 

治療例はこちらになります。

舌側矯正での非抜歯の出っ歯の治療

 

〈ヘッドギア〉

 

舌側矯正での非抜歯の出っ歯の治療

口腔内の変化

口腔内の変化

上顎歯列の後方移動

治療内容

主訴 しっかりと噛めるようにしたい。
症状・診断名 骨格性上顎前突症
年齢(初診時)・性別 26歳・女性
治療期間3年2か月
治療費(税別)基本料金:¥700,000
処置料:¥9,000(舌側矯正のため)
*選択した装置の種類により装置代がかかります。詳しくは料金表をご覧ください。
抜歯の有無非抜歯
使用矯正装置リンガルブラケット
歯科矯正用アンカースクリュー
想定されるリスク 痛み、歯根への影響、口腔内不潔域の拡大(装置の種類による)、顎関節症状、後戻り・加齢による変化など。

治療前後の解説

治療前 骨格的に上顎が下顎に対して少し前方位にあり、出っ歯の状態です。
治療後 上顎の後方にスペースがあるため、アンカースクリューとパラタルレバーを使用して上顎歯列全体を後ろに移動させることで歯を抜かずに出っ歯を治しました。
1 2
 

ページトップへ